2006年1月14日

[movie]THE 有頂天ホテル

オフィシャルサイト


監督・脚本: 三谷幸喜
出演: 役所広司、佐藤浩市、香取慎吾、篠原涼子、松たか子ほか
2006年/日本/136分/カラー

大晦日。「ホテル・アバンティ」は大忙しだった。今日は「マン・オブ・ザ・イヤー」の授賞式、総支配人が楽しみにする「カウントダウンパーティ」の予定が入ってる。最上階のスイートには訳ありの代議士が隠れてるし、毎年正月公演のために訪れる演歌界の御大も到着予定だ。なのに、腹話術のアヒルは逃げるわ、コールガールがうろちょろするわ、次々と問題が起こって、また副支配人を呼ぶ声が・・・。


とりあえず三谷映画は、笑って笑って、楽しむ映画ですよね。何か難しいこととか考えなくて良いし、これで正月初笑いってのもいいかも。映画館もすごーく明るい雰囲気でした。先日見た『ニュー・シネマ・パラダイス』、あの雰囲気です。最前列まで満席になった老若男女が手を叩いて笑う中で見るのがこの映画に似合っているように思います。混んでるから・・・と思わず、是非映画館へどうぞ!最近の映画館はネットで予約も出来ますし。

(以下、内容に触れるので、初日だけに追記にします。見てない人は読まないで映画館へGO!)

-----------------------------------------------------------------------------------------
↓ドラッグすると見えます。

それにしても超豪華キャスティング。役所はもちろん、そのほかの筆耕係というちょい役まで主役をはれるような役者ばかり。中でも最も良い味出してたのが、やっぱり唐沢寿明。この人、恐らく変身願望(コスプレ?)が強いんじゃないかと思うんですよね(笑)。最初ぱっと見わからなかったのですが、よく見ると「あー唐沢だ~」という感じ。役としておいしかったのは、香取君かな~。アヒルのバンダナを見つけるシーンで「あれ、案外香取君おいしい役だな」と思いました。伊東四朗はそのまんま。ちょっと湿っぽい雰囲気になると、必ず「落とし」として出てくるその顔(爆)。女性陣もそれぞれハマリ役。篠原涼子のアホっぽさもよかったですし(anegoと同じ雰囲気でこれができるのも彼女の力量?)、YOUが歌い始めたとき、それまで疲れた感じ(『誰も知らない』の雰囲気)だったのが、急に輝きを増したように感じたのも、「やっぱりスターになる人は違うんだな~」と感心しました。

↑ここまで
-----------------------------------------------------------------------------------------

秋口くらいから映画館で予告編が流れててチェックしてたのですが、大晦日が舞台なだけに、年末からの放映なのかと思ってました。正月超えたこの時期の上映になったのは、何か意味があったのかしら。元々のスケジュールだったのかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿