2006年8月7日

雨の方が面白い

Yahoo! Formula 1 ニュース ISM

F1なんて、単に車ぐるぐると周回してるだけ、しかもうるさい、と思ってたのですが、これがちゃんと見てみると案外面白いのです。路面に合わせてタイヤを交換し、ドライバーの技術に合わせてマシンを調節し、どこで何回給油するって、すごーい駆け引きで、単に運転技術を競ってるだけじゃないんだと知り、なんだかんだとスカパー!で見てしまう私です。最近は、競馬の次に見てるかも。

特に昨日のF1は、予選からポイント上位陣がペナルティを食らって荒れ模様だった上に、雨が降った路面が微妙な感じで、いつどのタイヤに変更するのか、非常に難しい状態でした。しかも、ミシュランのタイヤのほうが今回の路面には合っていたようで、途中からトップに躍り出たアロンソが、一時シューマッハを周回遅れにするシーンも。ところが、途中派手なクラッシュがあって、セーフティカーが入ったところで、路面が乾き始めたこともあって流れが変わりましたよね。アロンソはタイヤを履き替えたところで、トラぶってリタイヤ。ところが一気に追いついたはずのM.シューマッハも、あと3周のところでマシントラブル。ポイント上位陣がリタイアする中、見事優勝したのはホンダの車でした。解説の人、泣きすぎて声が裏返ってましたよ。日本車が勝つのはやっぱりうれしいかな。

しかし、F1の表彰式に「君が代」は本当に似合わないなーと思った私でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿