2006年8月4日

Picasa Web Albums

Switchブログには書いたのですが、昨日Googleの写真共有サービス「Picasa Web
Albums」用アップローダーのMac版が登場しました。残念ながらPicasa本体はまだWinとLinux版のみで、Mac版が出てないのですが(iPhotoよりも高機能だし、使いやすいと思うなー>Picasa。何しろ無料だし。)とりあえずダウンロードして、iPhotoの拡張機能、そしてアップローダー単体をインストールしました。

単体版は写真をドラックアンドドロップするだけ。アップロードされる画像は3種類を選べて、大きさが異なります。自分でわざわざリサイズする必要はありません。予めファイルのキャプションを修正してからアップロードしても良いし、アップロードしてから修正することも可能。iPhotoのプラグインは、写真を選択またはフォルダごと(スマートアルバムや、自分で設定したフォルダなど)アップロードできます。ただこちらはキャプションの変更はアップロードしてからしかできないようです。

アップロードした写真は、Web上でスライドショーで見たり(普通にさくさく動くから驚き)、プリントやダウンロードしたりする機能がついています。他の人が自由に見られるPublicにするか、そのPublicのリストから外すかをアルバム単位で設定可能。

Public accessのURLは、http://picasaweb.google.com/(username)なのですが、usernameのままだとGmailがスパムの嵐になりそうなので、URL用に使える新規usernameを設定することができます。昨日これが何度やっても変更できなくて、サポートに「helpに書いてあるとおりにやったのに、できないのは何故」とメールしたりしてたのですが、何故か今日になって出来るようになりましたので(拙い英語での文句が効いたか?(笑))、ここに晒してみたいと思います。

競馬
Aug 3, 2006 - 9 Photos


250MBがフリーで、年間25ドル(約3000円?)で6GBのスペースを得ることが出来ます。大体1600ピクセルで1000枚だそうで、フリーの250MBでとりあえずは充分?動きはさすがGoogleで、ストレスを全く感じさせません。写真共有というと、Canonなどのカメラメーカーがやっているサイトがあるのですが、重いんだもん。アップロードも結構手間ですし。人気のFlickrはどうなのか知らないのですが、やっぱりこういうのって海外製には適わないですよね。YouTubeもあれだけ動画がありながら、重いと感じたこと無いもんなー。

(8/5 追記)

Googleから「問題解決しました。もう一度やってみて」という内容のメールが来ました。やっぱり問題があったんだ。ちゃんと返信くれるところが偉い。というか超すばやい対応。

0 件のコメント:

コメントを投稿