2008年1月15日

街頭テレビ

年始に突然沸いたイベントのために年末年始とせわしなく過ぎ、ようやっとそのイベントも終了して一息ついてるところです。

気づくと、大相撲の初場所も始まっています。今日は久しぶりに早めな時間に大学を出られて、ふと見ると街頭テレビで大相撲が放送されていました。ちょうど放送されていた取り組みが、魁皇ー雅山戦。時間も17時45分頃というちょうど良い時間。ということは、次が横綱戦かなあと思ってしばらく立ち止まって見ていました。私の中でこの時間に大相撲が放送されていたら、当然立ち止まってみるモノだと思っていましたが、この時点で立ち止まってみてる人は私だけ。

しかし私が道の端っことはいえ、テレビに見入っているので何見ているんだろうと立ち止まる人が出てきました。するとちょうど朝青龍ー時天空戦です。立ち止まって見入ってしまった私のせいなのかどうなのか、ちらほら「あら、朝青龍じゃないの?」「お、横綱戦か」と立ち止まる人が増えてきてしまいました。

私は道行く人の邪魔にならないようにテレビに近い端のほうに立っていたのですが、時間いっぱいになったときにふと視線を感じて後ろを見てびっくり。対して広くもない歩道に気づくと10人以上立ち止まって相撲を見ています。単に相撲が放送されているだけならそのまま通り過ぎるであろう人々までもが、あまりの人だかりなので、思わず立ち止まってしまってさらに山が大きくなってるような感じ。この前をたまにこのくらいの時間に通りますが、こんなに人が立ち止まっているのを見たことがありません。もしかしたら私のせい?と小さくなりながらも、でもこの一番が見たかったのよ!と思って画面に戻りました。

残念ながら昨日のような盛り上がる横綱戦ではなかったのですが、昨日だったらこの街頭テレビの人々も沸いたでしょうね。勝負が決すると、周りの人も夢から醒めたように解散していきました。

今場所は朝青龍人気(というのか?)で入りも好調だそうですが、千秋楽までもつれると面白いですね。個人的には琴光喜を応援してるんですけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿