2008年3月26日

ビールボーイズ / 竹内真著

ビールボーイズ

ビールボーイズ
著者: 竹内 真
出版者: 東京創元社
発売日: 2008-02



北海道新山市。ビール工場の撤退が原因で、正吉たちのアイドルであった茜が転校することになってしまった惜しんで、第1回ビール祭は開かれた。参加者4名。全員十二歳。それから様々な機会にビール祭は開かれることになった。時には4人全員で、あるいは2人で。そしてそれは彼らのビール造りのきっかけにもなり・・・。

小学校を卒業し、様々な経験をしながら成長していく4人の物語なのですが、そこに絡んでくるビールに逸話が結構面白いのです。相方がちょっと変わったお酒が好きなせいで、全く知らないメーカー(メーカーじゃないのか)の、ちょっと変わったラベルのペールエールの瓶とかがよく冷蔵庫に入っているのですが、「あーあれってこういうのなんだー」と今更ながら思いました。そう言えば、去年北海道に行ったときも大沼ビールが気に入ったようで、帰りもほしがっていたのですが、ちょうど良い量のものが無くて断念したのでした。あと今は「よなよなエール」というのがコンビニでも売ってますよね。相方にこんな話だったよーと言うと興味を示したようで、そのまま本は相方行き。「なんか面白いビールがあったら買ってきてやる」だそう。私はビール好きではないのですが、この本読んでたらビール飲みたくなりますよ。ビール好きに特におすすめ。

0 件のコメント:

コメントを投稿