2008年3月15日

[ドラマ/スカパー]HEROES

HEROES / ヒーローズ DVD-BOX 1

HEROES / ヒーローズ DVD-BOX 1

出版者: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日: 2008-03-20




原題: HEROES
出演: : マイロ・ヴィンティミリア, マシ・オカ, ヘイデン・パネッティーア, センディル・ラママーシー, アリ・ラーター, エイドリアン・パスダー, サンティアゴ・カブレラ, グレッグ・グランバーグほか

モヒンダー・スレッシュ博士はニューヨークへ向かうことになった。遺伝学者だった父が殺されたというのだ。父・チャンドラは、特殊能力を持つ人々を探すという奇妙な研究に取り憑かれ、その人々を探しにアメリカに渡っていたのだ。一方、アメリカではあちこちで不思議な殺人事件が起きていた。人間業とは思えない惨殺死体が残されているその現場で、警官のマットは隠れていた女の子をささやき声から発見する。テキサスでは、チアリーダーの女の子が、高い建設現場から飛び降りるビデオを同級生に撮影してもらっていた。彼女は傷一つなく立ち上がる。東京では、普通のサラリーマンのナカムラ・ヒロが、通勤電車の中からニューヨークのど真ん中へテレポートする。特殊能力を持つ人が、世界中であらわれはじめていた。


コメディ、じゃないと思うのですが、あまりのストーリーに下手なコメディより笑える作品。東京のヒロのオフィスからして、かなり変。時計の数字は漢数字だし(逆にアートっぽい)、朝、屋上でみんなで背広でラジオ体操する会社とか、今もあるのかなあ。山田洋次の世界?

次々といろんな特殊能力を持つ人が登場するのですが、どんどん風呂敷が広がっていくだけで、全然先に進まないストーリーもすごい。私、彼らがいつの間にか集って、戦隊ものみたいな「ヒーロー」として、悪と立ち向かうみたいな、それはそれで古くさいアメコミっぽいストーリーを思い描いたのですが、そうではありません。みんなが揃うのは、本当に最後だけ。実際、最後の5週分くらい見れば、全体を表してるんじゃないかと思うくらいです。とはいえ、その前半部分が無駄かというとそうでもなくて、最後の最後で「そこに繋がってるのか!」と思うことも多々あり、なかなか侮れません。

4月19日に23話のぶっとおし放送があるそうですが、そういう形で間を置かずに見た方がよいかもしれないですね。それとも逆に進まないストーリーにイライラするかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿