2008年3月24日

Skype入れてみた

Skype公式サイト

延期されてたSkype for PSPがアップデートで提供されてるのを見て、相方がさっそくダウンロードしてました。何かごそごそやってるので、「何してるの?」と聞いたら、「PSPでSkypeが使えるようになった」とか言ってるので、「えーじゃあ私もMacに入れよー」と、私もSkypeを入れてみたのです。

不親切なfor PSPの説明とは対照的に、Skype for Macはすごく簡単。ドラッグアンドドロップでインストール完了、その場で新しいアカウントを作って、1分でオンラインに。テスト番号に電話してみたら、すごい、本当に電話できるじゃん!もっと早く入れれば良かったよ。と思いつつ、「できたよー、アカウント名教えて」と相方に言うと

「ちょっと待て」

えーまだできてないんですか。キーボードの無いPSPで設定に苦労しているようです。待つことしばし、相方もオンラインに出来たというので、さっそく通話依頼してみたら・・・。

「拒否されました」

・・・私をコンタクトリストに入れてくれ。

そして、再度通話を依頼。無事繋がりました。ただし、マイクもカメラも内蔵されてるMacと違って、PSPは入力用のマイクが必要だということが分かりました。繋がってはいるのですが、私の間抜けな声が、相方のPSPからちょっと遅れて聞こえてくるだけ。完全なる一方通行。PSPはテレビ電話もできないようです。しかし、機器さえそろえれば、これで十分通話が出来るのは確か。「これでうち(のMac)に電話すれば無料じゃん、これからそうすれば?」と言うと、「外に出たらアクセスポイントが無い」ですって。会社ももちろんダメ。フリーの公衆無線LANアクセスポイントってまだ少ないですしね。ちょっと調べたところ、私のプロバイダだと、フレッツ・スポットが安価でPSPも接続できるようでした。都内は都営・メトロともに地下鉄が駅にアクセスポイントを置いてるので使い勝手もよさそう。いまさらですが「ユビキタス社会」って便利かも。私もMacのノートとか買って、外で無線LANが欲しくなったら本気で考えよう、と思いました。とりあえず電話の件は来月からドコモも家族間の通話が無料になるので保留です。

Skypeのページにも例として書いてありましたが、会社とかでこれ入れたら便利そうですよね。「今出られません」とか出しておけるし、カメラさえあれば顔を見て話せますし。一人一台パソコン持っているんだから、内線電話張り巡らさなくてもいいですよね。こういう便利なITツールって、大きな企業であればあるほど入れにくい(入れてない)そうですが、本当はネットの世界の便利なものをどんどん取り入れたら、安価で十分なものが作れるのになあと思うんです。まあコンプライアンスだとか、セキュリティとか、見えない鎖で縛られてるものですからね、大企業は。

0 件のコメント:

コメントを投稿