2008年4月16日

そうか、円高か

【コラム】 秋葉原でHDDの価格が急落!?円高がPC市場にあたえる影響とは?(R25.jp)

自作PCを使っていた頃は、「最近メモリが安くなってきた」情報にやたらと敏感で、ショップ情報とかでメモリやCPUの買い時を確認しては秋葉原に買いに行っていたものですが、最近すっかりご無沙汰です。最後に行ったのって、埋もれていたCPUやら基盤やらを売りに行ったときでした。

でもこのところの円高傾向による「値引き競争」で、ハードディスクが激安らしいんです。記事曰く、

500GB が 7980円!

ひえー。500GBが1万以下なんですね!すっかり浦島太郎の気分です。価格.comを見たところ、確かにHGSTの500GBが九十九で7980円が最安値になってました(アクセス日:2008/4/16)。私が写真のバックアップ用にMacに繋いでいるHDDは、前のPCでメインに使っていたものを引っこ抜いたものなのですが、容量160GB。当時(2004年7月購入)で、確か1万ちょっとだったと思います。それでも60GBが1万超えてた頃を考えて「安くなったなーハードディスクも・・・」なんて思ったものでした。それに「160GBも使うかな〜、これで一生もんじゃないの?」なんて甘いことも考えてました。そのHDDも、なんと写真だけでもう残り50GB程度(^^;。そろそろ追加したいなー、タイムマシンも使ってみたいし、なんて思ってましたが、100GBとかいう単位じゃないんですね、もう。個人ユースで500GBが余裕で手に入る価格なんだ・・・。さすがにTBの単位になると、単純に倍ではなく2万を超える種類もあるようですが、HDD追加計画は近いうちに予定しておこうと思ったのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿