2008年6月28日

[スカパー/ドラマ]SEX AND THE CITY


原題: SEX AND THE CITY
出演: サラ・ジェシカ・パーカー、クリスティン・デイヴィス、シンシア・ニクソン、キム・キャトラルほか
シリーズ:1〜6(全96話)

キャシー(サラ・ジェシカ・パーカー)は、ニューヨークの地元紙に"SEX AND THE CITY"というコラムを書いている独身女性。ニューヨークでの生活を満喫している。そんな彼女には3人の親友がいる。弁護士でリアリストのミランダ(シンシア・ニクソン)、結婚を夢見る天然系のお嬢様で、アート・ディーラーのシャーロット(クリスティン・デイビス)、そしていつも男をとっかえひっかえしているブロンド美人で広報ウーマンのサマンサ(キム・キャトラル)だ。性格や職業、考え方も全く違うのだが、いずれも独身の4人は喧嘩しながらも信頼しあって、何でも相談しあう。


8月に映画の公開が決定したことで、全話一挙放送。というわけで、私もシーズン1から96話を通してみました。

日本が開国以来、アメリカの文化を取り入れてきたからかもしれないけれども、こういうドラマを見ると「海を越えても、言葉が違っても、人の悩みは同じ」って思います。特に30を過ぎた独身女性が、様々な悩みを持ちながらも、充実した仕事やプライベートを楽しむ(時には苦しむ?)様子がすごーくうまく描かれてると思うのです。単に格好いいだけじゃなくて、時には将来に対する不安で潰れそうになっていたり、ヒステリーを起こしたり。毎日豪華な料理を食べ、400ドルを超えるような靴をバカバカ買ってるところなんかは、かなり現実離れしてるのですが、それでも女性を描いているという意味では面白かったな。性格が全然違う4人のやりとりも機微に富んでいてよかったですし。

夏公開の映画はラストから4年後の彼女たちを描いているそう。サマンサはもう50歳じゃないの?と思ったりもするのですが、どんなドタバタが待っているんでしょうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿