2008年6月10日

仕方がないからtouchの値下げを待とう・・・の人(^^)/

第3世代に対応したiPhoneが発表され、いよいよ来月11日に日本でもiPhoneが発売されることになりました。残念ながらソフトバンク一社提供のようですが、実際に国内で利用が可能になるという段になると、やっぱりそのスペックは気になってしまいます。

日本のケータイは、あちこちで言われていますが、ものすごく独自仕様です。ドコモ、KDDI、ソフトバンクによる寡占状態の中、選択する通信業者によって選べる機種が違うという非常に変わった成長をとげ、そして世界に類を見ないケータイ大国となりました。日本のケータイは、テレビからお財布まで、機能てんこ盛りのマルチメディアになっています。

個人的には、ケータイは緊急時のメールと通話、乗り換え案内、そしてICカード(おサイフケータイやポイントカード)、メモ用・ブログネタ用のカメラ、あとメモ機能をよく使っています。最近思うのは、これに競馬と大相撲のためにワンセグがあると嬉しいなあということ。iPodがあるので、音楽をケータイで聴くことはありません。スケジュールとかMacと同期できると嬉しいのですが、Macと日本のケータイを同期させるのは案外面倒で、やってません。そういう機能はiPodで代用しています。ノートパソコンを持つほどでもないけど、ネットを介した情報を使ったり、ちょっとしたメモを書いたりするためにあると嬉しいデバイスという位置づけでしょうか。

ではそんな私にiPhoneはどうなのでしょう。

今言った機能の中で、絶対に不可になるのがおサイフ機能と、ワンセグです。この辺り(特にワンセグは)、買い替え時に必須条件にしようと思ってたので、かなりマイナス点かも。あと、日本のケータイに比べてかなり性能が落ちると思われるのが連続待受時間。600時間を表明する国内機種が多い中、300時間程度だとかなり見劣りします。私が以前のMovaから今のF703iに交換したとき、あまりに速く電池が無くなるので驚きました。そのF703iの連続待受時間がスペック表では約420時間なので、ちょっと気になるかなぁ。いずれも全く使わない中での公称待受時間なので、もっと短くなることを考えると、半分というのはかなり気になるかもしれません。

一方で、Macとの連携は、どんなケータイよりも上(あたりまえ)。とにかく日本のケータイはMacと連携が全然出来なかったので、そういう意味ではかなり魅力的です。しかも価格も2万前後という噂で、トータル5万が当たり前の最新ケータイのことを考えると、お買い得とも言えます。またWiFiが使えるのもうれしいですね。あえて高い従量制の携帯電話網を使わなくても、ネットに接続できる可能性が高くなりますし、元々フルブラウザですから、サイトの閲覧もやりやすいです。

ただ、Mac連携+WiFi機能が欲しいだけなら、iPod touchがもっと安くなってくれれば、そっち買うかなという気もしてしまうんですよね。ケータイとは別に持ってるiPodを、iPod touchに買い換えるほうが合理的かな~と思うのです。ケータイはケータイで、ワンセグ+Felicaつきのを購入すれば良いですし。

ケータイが世界的に言われるスマートフォンでも携帯電話でもない日本で、iPhoneの立ち位置がどうなるかというのは全く別のところで興味深いです。iPodで電話ができると思うのか、それともワンセグやFelicaがついてないケータイと見るのか、あるいは極端に小さくなったノートパソコンか。Palmもスマートフォンも成功していないモバイル鎖国な日本に対し、一部の報道にあるようにiPhoneが黒船となるのか、生温かく見守りたいと思います。

・・・いずれにしたって禿電ソフトバンクから出るんだもん。見守るしかないし。

0 件のコメント:

コメントを投稿