2008年7月24日

ギフト / 日明恩著

ギフト

ギフト
著者: 日明 恩
出版者: 双葉社
発売日: 2008-06-17



店員をしているレンタル屋に毎日現れる男の子がいた。彼はいつも『シックス・センス』のパッケージを見て泣いていた。ある日、その男の子を交差点で見かけた。見るともなしに見ていると、突然彼は何かから逃げるように道路へと飛び出した。

映画の『シックス・センス』を見てない人は見てから読んだ方がいいかも、というお話。あの設定をそのまんま取り込んで、連作短編集にしたものです。かなりベタな泣ける物語、なので、そういうのが好きな方におすすめ。

0 件のコメント:

コメントを投稿