2008年8月3日

晴れた日は、お隣さんと。/ 福田栄一著

晴れた日は、お隣さんと。 (MF文庫 ダ・ヴィンチ ふ 1-1)

晴れた日は、お隣さんと。
著者: 福田栄一
出版者: メディアファクトリー
発売日: 2008-06-21



郷土資料館に勤めることになり、引っ越してきた菜美は、ひょんなことからお隣の元大学教授と知り合うことになる。のんびりしている人柄なのに、突然奇抜な行動に出るお隣さんは、家族とは別居をし、大学を辞めた経緯も謎。そこには何か秘密があるらしい。

福田栄一らしい、絶対に裏切られない気持ちよさのある小説。すんごいどんでん返しが面白い時もありますけど、なんか疲れるときにはこういうストレートなお話のほうが楽しめます。ストーリーよりも、人の面白さ(特に「お隣さん」の増渕)が魅力的とも言えるかも。文庫だし、短いし、ちょっと時間が空いたときに読むのにおすすめです。

0 件のコメント:

コメントを投稿