2008年8月27日

EOS 50D発表されたんですね

よく行ってるカメラ屋さんのメルマガで、EOS 50D発表を知りました。40Dは液晶画面での撮影とか、ゴミ取り機能とか、ちょっとヴァージョンアップした感じだったのですが、今回のメジャーな変更は、映像エンジンの変更。しかも40Dは併売されるようです。

【レポート】キヤノン、下半期はミドルクラスを強化! EOS 50D発表会(マイコミジャーナル)

EOS 50D オフィシャルサイト(キヤノン)

今回多分初めてのDIGIC 4搭載の機種になるし、明らかに旧機種の40Dが併売されることを考えると、実験的な導入なのかなーという気もしなくもありません。私が欲しかった視線入力はやっぱりなし。その代わり、顔を判定するモードが付く模様。これって馬の顔でも反応してくれるのかしら。

キヤノンの機種比較を使ってみたところ、連続撮影とフル充電のバッテリーによる撮影可能枚数が40Dのほうが勝っていることが分かります。単に画素数や扱うファイルの大きさが大きくなって、撮影可能枚数が減った可能性はありますが、新映像エンジンは案外電源を喰うのかもしれません。ストロボなしの常温撮影で、300枚近く一個の電源による撮影枚数が違うというのは、プロユースの1Dシリーズや5Dシリーズに投入するには、もう少しブラッシュアップが必要だったのかも。

個人的には、20Dより50gほど重くなってるのもちょっとマイナスですが、新しい映像エンジンがどのくらい優れているのかにもちょっと興味はあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿