2009年4月19日

[自転車散歩]歌舞伎座

今日は初めて内陸側に行ってみました。早朝ならまだ晴海通りや昭和通りも車道を走っていてもあまり怖くありません。

途中、建て替え予定の歌舞伎座を写真に撮ってきました。この建物を最初に見たときは衝撃的だったというか、なんか突然ビルの中に変な建物が現れた、という気がしたんですが、意味なく派手なところが「歌舞伎」らしくて私は好きだったけどなー。大都会のビルの中に突然現れるこの建物、というのもよかったんだけど。



すぐ隣に昔松竹セントラルがあったんですが、すっかり近代的なビルに様変わり。というか、通り過ぎてから、向かいに東劇の看板があるのを見て「あ、ここ松竹セントラルがあったところか・・・」と気づいたくらい、完全に変わってました。松竹セントラルには何度か映画を観に行ったことがあるんですが、いつ行っても空いてる映画館でした。昭和というより、戦後の匂いがある映画館だったなー。

そう言えば、去年9月に中央郵便局も写真撮ったんです。



あちこち建て替えの予定ですが、今度建て替えた建物は長く愛されるモノにして欲しいですよね。まあ「滅びの美学」の日本ですから、それ自体が難しいのかもしれないですけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿