2009年5月21日

熱が出ると

土曜日に寒い中、寒い格好で山梨まで出かけたのが祟ったのか、翌日の夜に高熱を出しました。久々に38度超え。のどは痛いし、気管がふさがるほど腫れてるのが触らなくてもわかるような感じ。いつもの風邪だと思うのですが、そんな折に国内での新型インフルエンザ感染が報道されちゃいました。うおーこんな熱があって、のどが痛い、頭痛がするなんて言ったら、絶対インフルエンザを疑われると思ったのです。

仕方なく医者に行きました(つまり普段はこの程度じゃ医者には行きたくないタイプです)。引っ越して初めての内科です。あまり小さい個人病院では周りにも嫌がられた上に都内でも話題になっていた診療拒否のこともあるので、ちょっと大きめの総合病院に出かけてみました。

心配していた拒否もなく、あっけなく受診票をもらえ、すぐに検査もしてくれて、A型もB型もネガティヴです、というお墨付きをもらえました。

幸い熱は月曜日に一日寝ていたら下がり、火曜日からは出勤しましたが、咳が出るので今だにマスクを常用。そうしたらとうとう首都圏でも感染者が出たとの報道です。しかも簡易検査ではネガティヴと出たという報道に、「もしかしたらインフルエンザだったのかもよー」だの「感染してても自覚症状がなくていつのまにか抗体が出来てるタイプ」とかひどい言われよう。大学では報道のような「誰もがマスクをしている」なんてことはありません。とても冷静です。そもそも普通のインフルエンザが流行る時期だって、マスクマンだらけになんかならないですよね。今回のインフルエンザも同じ程度の毒性ってことだし、マスクをしている学生や教員もわずか。そんな中でカウンターに座っている私がマスクをしているとやや目立ちます。

「なに、カウンターの人は全員マスクをすることになったの?」とことあるごとに聞かれて、「いえ、こんな時期に風邪をひいてしまったんです。普段はひかないのに。」と自虐的な返答をしなければならないハメに陥っています。あー早く完治してマスク取りたいです。。。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

テレビなどの報道を見ていると個人が特定されてしまいかねない勢いなので、ちょっとした風邪でも診察をためらう気持ちがわかります。お大事になさってください。
白州の記事を読んで、申し込もうかなと思っていましたら、インフルエンザで休止になってしまいました。残念!

hiroe さんのコメント...

コメントありがとうございます。また白州記事に興味を持っていただいてありがとうございます。イベントだけではなく、見学も中止なんですね。

風邪のほうは症状が咳と鼻水だけに絞られた、という感じですが、森進一ばりのハスキーボイスになっております。

コメントを投稿