2009年6月29日

Googleにどこまで魂を売るべきか

発表当初は「電池の持ちが悪いし、きっとそこまで外でネットは使わないよなあ」と思っていたHT-03A(Android入ってるGoogle携帯)ですが、話を聞いていると結構面白そうで、やっぱり実機見てから考えようと、帰り道に某家電量販店を通り抜けるたびにモックが出てないか確認をしているのですが、まだ見あたりません。

先週の土曜、外付けハードディスクが欲しくなったので、買い物がてら再度携帯売場を確認してみました。やっぱり無い。じゃあ帰ろうかと外に出てみると、店頭でDocomoの新機種の展示をしていました。念のために見てみると、そこに動くHT-03Aがあったんです。「ケータイするGoogle」とかいうFlashばりばりの(現時点でHT-03AではFlashは見られないというのに)サイトをつくってまで宣伝している端末にしては、あまりにひっそり。他機種に混じって同じように置かれてるという状態で、「あれ、これって・・・」と近づいて、さらに動いてるところを確認してびっくりした、という感じ。iPhoneはあんなに大々的に、しかも入ってすぐの良い位置とって売り出しているし、動く端末には常に人だかりなのに、HT-03Aなんて誰も見向きもしていない。。。その時はダンナを待たせていたので、また仕事帰りにいじろうと思ってちょっと触っただけで帰ってきてしまったのですが、今日行ってみたら・・・

もう撤収してましたよ。

ほんとに売る気あるのか>Docomo。

ちょっと前にDocomoショップでパンフぐらい貰おうかなーと思ってふらふらと入り、「何かお探しですか?」とおねえさんに聞かれたので、「HT-03Aのパンフあります?」と言ったら、全身から「うあーやっかいな人に声かけちゃった」オーラが出てましたし。しかもパンフも置いてなかったし。やっぱり...

売る気ないでしょ>Docomo。

0 件のコメント:

コメントを投稿