2009年7月12日

Google Phoneの予定だったのに

やってきたのはiPhoneでした



iPhoneから投稿してみます。

--(追記)
結構HT-03A(Android入りGoogle携帯)を買う気満々だったんですが、Docomoショップでネットに繋がってる実機に触ってみたら、なんか直感的じゃないんですよね。というか、タッチパネル=iPod Touchの私にとっては、やや使いにくい。読み込みもChromeベースのブラウザにしては遅いな−と思ってしまったのも残念。ストリートビューなんかはすごく速かったし、縦横変更なんかはHT-03Aのほうが上と思ったんですが、、、現時点では亀の甲より年の功、既に散々批判にさらされて、改良が加えられてきたiPhone 3GSのほうが上かなと思いました。

そして最大のネックは月額利用料。どう考えてもBizホーダイダブルの上限まで使うだろう(私の使い方から考えたら、通話よりもデータ通信のほうが多いだろう)と思うと、調べた結果、ソフトバンクの月月割適用+iPhone for everybodyキャンペーンを使うと、月にして3000円強の差が出るのです。端末の料金はHT-03Aのほうが31500円の割引があるので圧倒的に安いのですが、一括で買った場合は家電量販店のポイントも付きます。ほとんど最低料金の固定額でケータイを利用している私にとって、HT-03Aへ機種変更(買い増し)するより、今のケータイをそのまま使い続けながら(そして公衆無線LANサービスはもう要らないから解約して)iPhoneを一括で買った場合のほうが、最初の支払いこそ新規契約料+端末料金が2万ほど高いのでHT-03Aに軍配が上がるのですが、1年も経たずに総支払額が逆転します。それにDocomoの回線を残しておいて、iPhoneを全く通話に利用しなければ、2年後に要らなければ回線ごと解約すればいいだけというのも、気が楽です。

というわけで、携帯メールも電話番号も変わりませんが、iPhoneもやってきたというわけです。「新規契約でiPhone」というので、「パソコンありますか?」とか「iTunes入ってますか?」とか、「他社からの移行というわけではないですよね?」とか散々聞かれました。きっとソフトバンクの人もちょっとだけ不思議に思ったのでしょう。Docomoと2台持ちというのは何となく恥ずかしいので隠しておこうと思ったんですが、「ビックカメラのポイントカードありますか?」と聞かれたときに思わず「あ、あります、ケータイですが」とDocomoのケータイ出しちゃったんですよね。向こうの人もようやく合点がいったようで、「ああ、なるほど」って言ってましたが。

帰りにさっそくウインズで役に立ちましたよ。やっぱり3Gネットワークすごいな。

0 件のコメント:

コメントを投稿