2009年8月22日

おコメ倉庫探検隊

今日、明日と食育の一環として、深川政府倉庫でおコメ倉庫探検隊というイベントが開催されてます。基本は「子どものための」なんでしょうけど、別に子連れじゃなくても大丈夫です。もちろん無料。カメラ持っていったら「取材の方ですか?」とか言われましたけど。



平成8年に完成した深川政府倉庫は、緊急用のコメ備蓄倉庫として3階建て(周りにある一般のマンションだと8階くらいの高さと言ってました)の建物に、5万トンのコメを貯蔵しています。説明の人が、記憶に新しい平成米騒動の際、「コメが作れなかったからといって、コメばかりは海外から買えるものじゃない」という結論に達したという話をしていましたが、確かにそうかも。

立川の政府倉庫は自衛隊のそばにあるのですが、実は運河に囲まれた島になるここの輸送手段は、恐らく運河なんでしょう。有明の癌研病院の周りに、東京臨海広域防災公園が平成22年夏の開園に向けて造営中ですが、そこへも運河ですぐです。そう言えば関東大震災のとき、壊れた芝浦の港に無理矢理船をつけて陸揚げしたというのを港区史か何かで読んだことがありますが、道路は寸断されても、川や海は手段さえあれば、意外とどうにかなるのかもしれません。



コメには虫がつきものですから、倉庫の中はだいたい15度くらい。湿気も少ない上に見学者自体が薄着なので、ものすごく寒く感じます。



その他にも食に関する体験ブースなんかがいくつかありますが、私も初めてみたのがポン菓子。熱して圧力をかけたコメを、網にボンと出すやつです。残念ながら味付けされていませんが、袋につめたポン菓子を貰えます。ハウス食品のブースに持って行くと、味付けしてもらえるようです。



イベントは明日も10時〜15時で行われてます。不便な場所ではありますが、門前仲町や豊洲もそれほど遠くないですし、日曜日なら運河を行く選挙船が見られるかもしれません(今日の帰りも選挙船を見ました)。

0 件のコメント:

コメントを投稿