2009年10月13日

秋の北海道2

2日目は動物見ようルート。

富良野から県道を通って夕張国道を抜ける山越えルートで夕張滝の上公園へ。



↑ものすごく車(しかもわナンバーじゃなくて、地元ナンバー)がいるなあと思ったら、11日は紅葉祭りだったとか。こんなに人がいたんだ、という人出。3日間で最も車と人を見たかも。普段は閉鎖されている滝上発電所が一般公開されていました。発電所と言っても、本当に小さい建物。水力発電はなかなかすごい。

そして樹海ロードを抜けて社台SSへ。



私たちが着いた頃はディープインパクトもいたのですが、20分ほどダイワメジャーを追いかけていたら、係の人が来て連れて行ってしまいました。何かあったのかなあ。ディープを中心として、クロフネ、ダイワメジャーの2頭が最も落ち着きがなく、うろうろしていました。奥のキングカメハメハとシンボリクリスエスは客のことなど全く目に入らない様子で、ひたすら食事に徹しています。サムソンは遠くてよく見えなかったのですが、前来たときと同じ場所のトウカイテイオーは相変わらず我が道を行く雰囲気。



遡上する鮭を見ようとサケのふるさと館に行きましたが、連日の大雨で増水していたこともあり、あまりサケは見られませんでした。残念。堰のところには何匹かまとまっているのを見たんですけどね。

秋の北海道3に続く

0 件のコメント:

コメントを投稿