2009年11月22日

[movie]大洗にも星はふるなり

監督・脚本: 福田雄一
出演: 山田孝之 山本裕典 ムロツヨシ 小柳友 白石隼也 安田顕 佐藤二朗
2009年/日本/103分/カラー

海の家「江の島」で夏にバイトをした学生たち。そのうちの1人、江里子は男性陣のマドンナだった。12月24日。残っていた海の家に学生やマスターなど男性陣たちが次々と集まってくる。みんな江里子から「海の家が残っているらしいから、クリスマスイブにそこで会おう」という手紙を貰ったというのだ。7人は自分こそ江里子の相手だとそれぞれが熱弁を振るうが。

「大洗」という名前はついているけれども、それは田舎の海水浴場であればどこでもいいような、海の家の中一場面だけの構成です。映画というより舞台劇の雰囲気で、だからこそ7人の性格も雰囲気も違う男たちのアホな熱弁が物語のポイントです。ストーリーは落とすべきところに落とされるし、ミステリのようなどんでん返しがあるわけでもないのですが(ある意味衝撃の結末かも?)とにかく要所要所にちりばめられた笑いが私のツボで、最後まで笑えました。特に「滝川クリステルだ!」のシーンはマジで爆笑でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿