2010年1月13日

[movie](500)日のサマー

原題: (500) DAYS OF SUMMER
監督: マーク・ウェブ
出演: ジョセフ・ゴードン=レビット ズーイー・デシャネル ジェフリー・エアンド
2009年/アメリカ/96分/カラー

トムは建築家の夢を諦め、カード会社で働いている。運命の女の子といつか出会い、結婚するのが夢。そんな彼が一目惚れしたのが、社長のアシスタントとして入ってきたサマー。しかし彼女は運命の恋どころか、愛って何?というタイプの女の子だった。

予告編を見たときは、あまり見るつもりなかったんですが、意外と評判がよく、単なるラブストーリーではないと聞いて見てきました。確かにこれは「ラブストーリーではない」ですね。かなりひねくれていて、そして描き方が面白い。ズーイー・デシャネル扮する自由気ままな女の子サマーのその無軌道さが、私にはとってもツボでした。サマーとの出会いを1日とし、そして彼女との500日、というとなんかストレートな物語に感じてしまうのですが、これがこれが一筋縄ではいかないのです。敢えて言えば女性向けだと思うのですが、逆に男性が見たらどう思うんだろうと感じました。可愛いというより、愉快な映画でした。

レディースデーの夜の上映とあって、シャンテは満員。見たい方は予約していったほうが無難ですよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿