2010年2月28日

[movie]レッドクリフ part II

原題: RED CLIFE PartII
監督: ジョン・ウー
出演: トニー・レオン 金城武 チャン・フォンイー チャン・チェン ビッキー・チャオ フー・ジュン 中村獅童 リン・チーリンほか
2008年/米.中.日.台.韓/144分/カラー

孫権・劉備連合軍は、赤壁で曹操と対峙していた。対岸には曹操の大軍。多勢に無勢で勝負はあったかと思われた。しかし、曹操軍は水上戦に慣れていない。水軍の中心となる兵は、途中から曹操軍に入った寄せ集めであり、水軍のトップであり、曹操に下った蔡瑁と張允さえ排除してしまえば、撃破可能とみた孔明と周瑜。果たして少数精鋭で向かった連合軍は、曹操の大軍を追い払うことができるのだろうか。

Part Iをテレビで見て、Part IIも観に行こうかなあ、と思っていながら結局見逃してしまったPart II。年度末のリバイバル上映で先週Part Iを、今週はPart IIを上映するということで、さっそく行ってみました。結果としては同じにしろ、「苦肉の策」も「連環の計」もない赤壁の戦いなんですが、とにかく大金を投じただけあって、派手な映像は圧巻でした。残念ながら、私には映像が早すぎて、どっちがどっちを攻めてるのか分からなくなるという問題がありましたが、まあストーリーの大筋はわかってるし、そもそも大筋と戦闘シーンは全く関係ないので大丈夫です。科学理論vs精神論はいつの世も語られるテーマですが、フィクションの場合は、必ずしも科学が勝つわけではない中で、史実によるこの物語では、科学理論が3倍の力を発揮して、見事大軍の精神論を打ち砕きます。しかし、死屍累々、焦土と化した戦場で、最後につぶやかれるセリフが「勝者はいない」でした。三国志自体もあれだけドンパチやっておいて、結局最後は鳶に油揚をさらわれるわけですが、そういう国盗り合戦の虚しさを、この映画は表したかったのかなあとも思います。

とにかく1800年以上も前の物語が、こうして今も媒体を変えながら語り継がれてるというのは、それだけでもすごいことです。そして、こういう映画を見ると、人間っていうのは、例え技術が進化したと言われていても、あんまり変わってないんじゃないかなあとも思うのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿