2010年2月20日

[movie]インビクタス

原題: INVICTUS
監督: クリント・イーストウッド
出演: モーガン・フリーマン, マット・デイモンほか
2009年/アメリカ/カラー/134分

27年間の獄中生活後、ようやく釈放されたネルソン・マンデラは、南アフリカの人々に恐怖と熱狂で迎えられた。アパルトヘイト政策撤廃を掲げて大統領に就任したマンデラは、長年人種差別と弾圧を行ってきた白人たちを排斥するのではなく、赦すことで国を統一しようとする。そんな彼が国の一体化を目指すために力を注いだのが、1年後に迫ったラグビーワールドカップ南アフリカ大会での優勝だった。

2002年のワールドカップの熱狂を思い出しました。あの時本当にサッカー一色でしたよね。誰も彼もがサッカー見てましたし。マンデラが国民に一体感を与えるために、チームで行うゲームであるラグビーを選択したことは、本当に慧眼だなあと思います。今年はサッカーのワールドカップが南アフリカで開催されます。再びあの熱狂が見られるのでしょうか。

結末は最初からわかっているのですが、それでもマンデラの魅力を描き出し、そして南アフリカ国民と共に一体感を味わい、最後は一緒に立ち上がってうぉーって叫びたい気分にさせる、クリント・イーストウッドの演出、そして映像は素晴らしいものでした。単なる偉人伝ではない、楽しい気分にさせる映画です。そして、長期間の投獄にも関わらず、私怨を晴らすのではなく、それを赦し、未来を向いて国の問題に立ち向かおうとするマンデラの政治家・人間としての素晴らしさにも感動しました。もちろんエンターテイメント用の演出はかなり含まれているのでしょうけれども、なんかこういう方向に国が向けば、もっと明るさが増すんだろうなあという感想。最近疲れてるなあとか、閉塞感に苛まれている人におすすめです。

0 件のコメント:

コメントを投稿