2010年11月22日

[movie/DVD]カサンドラ・クロス

原題: The Cassandra Crossing
監督: ジョルジ・パン・コスマトス
出演: ソフィア・ローレン、リチャード・ハリス、イングリッド・チューリン、バート・ランカスターほか
1977年/伊・西独・英映画/カラー/129分

ペスト菌に侵されたテロリストが警察の包囲網をかいくぐって逃げた。事態の収拾を任されたColonel マッケンジーは、もう一人のテロリストが残した情報から、彼がジュネーブからストックホルムに向かう電車で逃げていると推測する。一方、沢山の人を乗せたストックホルム行きの電車には、著名な外科医チェンバレンが乗っていた。乗客名簿からそれを知ったマッケンジーは、電車に連絡を取り、不審な乗客がいないかを尋ねる。たまたま車内を歩いているときに不審な乗客を見かけていたチェンバレンは、妻と車掌と共に車内を探索し、テロリストを発見した。しかし、マッケンジーは彼が様々な乗客に接触していることを考慮し、この失態を抹殺するため、ある作戦を実行に移す。

どうだろう、日本だったらと思うような映画。なんか新型インフルエンザのときのことを考えると、少なくとも乗客をものすごく長い間どこかに隔離するんでしょうね。ペストは新型インフルエンザとはレベルが違うから、何もできずに議論が空転した挙句、全員が死ぬまで何もせずに待つような気が。古い映画だけあって、やや無理があるところもあるけれど、問題のカサンドラ・クロスに近づく電車をどうやって止めるか、乗客が試行錯誤を繰り返す部分はすごく面白かったです。

0 件のコメント:

コメントを投稿