2011年1月10日

ケンジントンマーケット

今住んでいる場所の近所にケンジントンマーケットがあります。最初行ったときは、「うわー原宿だ」と思いました。

カラフルで無秩序な古着屋とか



コージーな雰囲気のカフェ。




原宿と違うのは、突然現れる肉屋、八百屋、パン屋とかでしょうか。



Wanda's Pie in the Skyは、私のお気に入り。ここのアップルパイ、何度買ったことか。



いろんなグラフィティがあるのも、原宿的と言えるかもしれないけれど、とっても芸術的なのも。


あくまで「マーケット」なので、いろんなお店が軒を連ねます。そして、私はいつもここに行くと方向感覚を失います。北はCollege st.から南はDundas st.まで、東がSpadina Ave., 西はBathurst st.までがだいたいケンジントンマーケットと呼ばれる場所なのですが、その中が複雑。右行ったり左行ったりで、私がいつも方向を定めずに歩くからだと思うのですが、CNタワーの見える方向が思っている方向と違ってびっくりするんです。あれ、なんでストリートカーが走ってる道に出たんだ、みたいな。まあそういう面白い場所です。Wikipediaによると、かつてはユダヤ人のマーケットとして栄えたそうですが、今やすぐ隣を占める「中国」と、アジアに侵食されつつあります。

よくトロントを象徴する景色としてテレビに出てくるのは、トロント・アイランドからトロントのスカイラインを写したものですが、あれはトロントの「表の顔」。私の中で、Spidina Avenueのこの雰囲気が、トロントのダウンタウンのイメージです。



そして、ストリートカーと、蜘蛛の巣のようになった電線のある風景が。

0 件のコメント:

コメントを投稿