2011年1月9日

[movie]Barney's Version

原題: Barney's Version
監督: リチャード・J・ルイス
出演: ポール・ジアマッティ、レイチェル・マリー・レフィブレ、ロザムンド・パイク、ダスティン・ホフマンほか

ホッケーと酒と葉巻を愛するバーニー。最初のできちゃった結婚は最悪の結末を迎え、紹介で出会った女性との2度目の結婚式の日には、そこで出会った女性に一目惚れ。とんでもない男はどんな最後を迎えるのか。

いかにもいそう、こういうおじさん。というちょっとユーモラスで、ちょっと不道徳で、でも憎めないバーニーの半生。ものすごく弱くて、そして身勝手な彼は、誰もに愛想をつかされて、一人で孤独死しててもおかしくないようなタイプなのに、誰も彼もが結局彼を気遣い、彼を愛する。最後までいかにもカナダらしい良い終わりかたでしたが、だからこそ日本じゃ受けないだろうなあとも思いました。コメディというには、もう少し笑いに毒が欲しかったし、恋愛映画というにはちょっとドラマチックさが足りない感じ。ポール・ジアマッティがゴールデン・グローブ賞の男優賞(コメディ部門)にノミネートされてますが、どうだろう、日本で上映されるかなあ。

0 件のコメント:

コメントを投稿