2011年7月10日

スマートフォンとiPadって両方必要?という疑問

この前、iPad2を買ったという話をしていたら、「でもiPhoneも持ってて、iPadも必要か?」という話になったんですよね。実際使い分けをするのかと。結論としては私は両方あっても使うなーというのが2ヶ月使っての感想です。使い分けというか、iPhoneとiPadは別のものという気がしています。

元々私は情報をひたすら集めるタイプなので、ネットからの情報収集に便利なものは次々試してみます。その結果、今使っているのは、Google Reader、Twitter、Facebook, Google Calendarなんですね。

Google Reader ・・・ ネット上の様々な情報を毎日集めてきてくれる
Twitter ・・・ 今のこと、身の回りのことを知るのに便利。出る前に「今有楽町線止まってる」というご近所さんのツイートが何度も役に立ちました。
Facebook ・・・ もう少し内輪話をするのに便利。
Google Calendar ・・・ 自分の日程は全部入ってて、ダンナとシェアすることで互いの日程を共有することもできます。

ネットやリアルの世界が一次情報で、それらを上のようなウェブアプリで二次的に収集して保存しているわけです。さらにそこから「後でネタにしよう」とか、「これはあとでじっくり読もう」とか、そこから自分なりのフィルタをかけて保存しておく場所も必要です。フィルタリングだけではなく、共有という意味での保存場所も重要です。そのために私はDropbox、Evernote、Instapaper, Picasa Web Albumなどを使っています。

Dropbox ・・・ RSSでひっかかってきた論文など、あとで読もうと思う電子ジャーナルなどのPDFファイル、書類をしまっておく場所
Evernote ・・・ ネットで見てて「後でチェック」と思ったときにクリップ。読もうと思う本はAmazonの該当本のページをウェブクリップ。メモもEvernoteに入れてます。またOCRがかなり使えるので、名刺を全部写真に撮って保存してます。
Instapaper ・・・ 純粋に「後で読む」と思ったもの、ある程度保存しておこうと思ったらEvernoteに再保存。
Picasa Web Album・・・ 写真共有。

で、iPhoneやiPadが便利なのは、それらを使うことができるツールが揃っているっていうことなんですよね。

Google Reader → Reeder (Mac版、iPhone版、iPad版)
Google Calendar → Mac, iPhone、iPadのディフォルトカレンダー(ただしあまりiPadでカレンダーは見ない)
Twitter → アプリはいろいろあるけれど、同期機能が優秀なEchofon(Mac, iPhone)が好き
Facebook → 純正アプリあり。
Evernote → Mac, iPhone, iPadアプリ、Safari, Firefoxプラグインあり
Picasa Web Album → Picasa Mac版、iPhone、iPadはフォルダ単位で同期可能
Dropbox → 純粋なDropboxアプリもあるが、Good Reader  for iPadと同期可能。
Instapaper → Mac版、iPad版アプリあり、Safariブックマークレット、Google Reader, Reederからエクスポート可

これを図にするとこんな感じ。
cloud

で、本題のiPhone, iPadの使い分けですが。
iPhoneは、3Gでどこでもアクセスできて、小さいですから持ち運びに便利です。基本的にTwitterやFacebookの閲覧・書き込みはiPhoneで十分。また私は自転車乗りなので、iPhoneだけをサイクルジャージの背中のポケットに入れておけば、地図アプリがナビにもなります。ただし一度iPhone対応の漫画を読んだときにも思いましたが、長文の何かを読むのには向いていません。

一方iPad2はWifiしかついていないこともあり、ネットに常にアクセスして何かという使い方はあまりしていません。Twitterを見ることもあまりしないし、Facebookもないです。Reederに同期しておいたRSSを読み、後で読むと思ったものは★を付けておいて、後で読む。Instapaperに保存した後で読むファイルをやはりダウンロードしておいて、読む。Dropboxと同期しているので、これまた後で読むと思っていたPDFファイルたちを読む。そして何かのときにはiPadを使ってEvernoteにメモをとってます。Evernoteはプレミアム版にすればオフラインで使うことも出来るようになるので便利です。EvernoteかDropboxと同期してくれるもう少し便利なメモアプリがあると良いなーと思っているのですが、それはATOK PadがiPadに完全対応になることを期待しています。また写真を見せるのにも絶対iPadのほうが綺麗だし、画面大きいし、便利です。なのでiPadは、私の中ではノートであり、今までプリントアウトしてフォルダに入れていたものがファイルのまま入っている書類入れのようなもの。ケータイがあってもノートが手放せなかったように、iPhoneがあってもiPadは別の用途で使えてるのです。

だから、私のiPhoneとiPadのトップ画面は全然違います。

iPadのトップ画面

iPhoneのトップ画面

それならiPadを3Gにして、iPhoneやめても良いのでは?という方もいるかもしれません。それはありだと私も思います。ただ、私の場合は最初に書いたように、自転車に乗るときのナビにしているので、絶対にiPhoneの大きさ・重さじゃないと厳しいのです。またiPhoneは電話でもあるので、緊急時の連絡にも使えます。だからiPod touch+Wifiルーターという選択肢もまた、私の場合はあり得ないのです。また外でツイートしたり、Facebookを見たりするのにiPadはやや大げさです。

普段ぜんぜん本を読まない、新聞も読まない、ネットも見ないという人には向かないかもしれませんが、鞄に常に書類を入れてるって人は、全部ファイルにしてDropboxとiPadを同期させるという方法で、書類入れにもできますし、プレゼンも可能です(そうやってプレゼンをしてくれた業者さんが既に2人いました)。私は、家でもMacに向かわずひっくり返ってiPad2で本や論文、記事を読んだりする時間が増えました。Macとも別の用途で使えてます。もし「使うかなぁ」と思って買うのを迷ってる方がいたら、参考にしていただければと思います。ただしノートPCとは完全に用途がかぶる気がします。「ラップトップじゃないとイヤ」、「ラップトップがかさばるとは思ってない」という方はラップトップのほうが便利かもしれません。



0 件のコメント:

コメントを投稿