2011年9月25日

[自転車]奥武蔵グリーンライン


連休初日はあまり天気が良くなかったので、山登りを断念したのですが、土曜日はうってかわって好天のようだったので、奥武蔵グリーンラインに行ってきました。



本日のルート

たまに来る斜度10%を超える坂と、台風が過ぎ去った後で、道がたまに杉の葉や枝で覆われているところがあることを除けば、景色もよく、要所要所に休憩ポイントもあり、とても良いルートです。かつ、有楽町線という微妙な路線上にある我が家からも、乗り入れている東武線や西武線へ一本で行けるため、輪行にも便利。

スタートは坂戸駅。駅の1階にロータリーに面した大きなローソンがあり、その前にベンチが並んでいるという、「自転車を組むのも畳むのもココなら便利です」と言わんばかりの駅。すばらしい。


鎌北湖まではあっと言う間。朝早くということもあって、ボート乗り場にも誰もいません。そのまま通過して、さらに登ります。ここから一気に12%の上り坂が続きます。途中、森の切れ間から、筑波山が見えました。今日は本当に良い天気です。

途中、何度か分岐があるのですが、一番間違えそうなのが鎌北湖に戻る分岐のある地点。登る方向へ向かうのが正解です。あとは道しるべ通りに行けばOK。たまに後輪が滑って、踏むとペダルが落ちるような感覚に見舞われながら、そしてたびたび足を着いて呼吸を整えながら、顔振峠到着。

このルートは、尾根沿いを走るので、東側の関東の景色と、西側の群馬・長野の山側の景色が交互に見えるのが楽しいです。その東側の絶景ポイントが、刈場坂峠。

今回、相変わらず地図も持たずに行ったのですが、最初の鎌北湖との分岐はなんとかやり過ごし、高篠峠では、トラックに乗ったおじさんに、自転車ならそっちのほうが良いと正しい道を教えてもらいました。白石峠でも迷いました。すると親切なローディが定峰峠の方向を教えてくれた上に、堂平山に登ると、すごく景色が良いと教えてくれたので、そっちの方向へ向かいました。山の中ではみなさん親切です。そして、本日の最高地点、堂平山に到着。

東京方向が綺麗に見えるのですが、実はその中にスカイツリーも見えてるんですよ。この解像度じゃ厳しいのですが、スカイツリー部分をアップしたもの。

わかりますか?今のところ、私の中で最も遠いところからのスカイツリーの眺めです。
白石峠から定峰峠は下りです。ただ、白石峠までもそうだったのですが、バイクとか車の速度制限用なのか、妙な段差がついているんです。ロードで下りで、この段差は非常に怖い。しかも杉の葉で覆われてたりして、段差がわからなかったり。変な形に乗り上げると、自転車ごと飛びそうです。速度をゆるめたいなら、もうちょっとやり方あるだろうって思うんですけど。
定峰峠からは、県道に出るので、非常に快適な道路。県道でもあまり整備されてなくてガタガタだったりするところもありますが、ここは山の中とは思えないほど綺麗な道路で、快適に下ることができました。途中から沢沿いを走ります。沢は台風のせいか、水量が多いように思いました。紅葉のシーズンにまた来たいです。



下りは非常に快適だったんですが、突然秋になった気温に服装が順応してなかったんですよね。いつものように膝上のサイクルパンツに半袖ジャージ、そして薄手のアームカバーで出かけてしまったので、ものすごく寒い。下りとか、足の感覚がなくなるくらい寒かった。そろそろ秋冬ものを準備しないと。

下りきって、西武秩父駅の近くの「野さか」という豚丼のお店で昼食。一応土日祝は11時から19時まで開いてることになってるのですが、味噌漬けの豚がなくなったら終了で、私たちが行った12時半で、ギリギリでした。待ってるうちに並んでる人数だけで豚が無くなることになり、そこで終了です。「豚丼は売り切れました、他のなら出ますけど」みたいなことは言いません。13時過ぎには看板が「本日の営業は終了しました」となり、「準備中」の札がかけられていました。大人気です。私は並盛(850円)、ダンナは大盛り(1050円)をいただきましたが、いくら60キロの山越えをしてきても、私には並盛りで十分でした。脂もくせがなくておいしかったです。山越えの後の丼ものはまた格別です。ただ絶対に並ぶようなので、時間がかかります。ここから飯能まで帰るとかいう方にはあまりおすすめできないかも。

本日の終点は、西武秩父駅。特急もありますけど、私たちは池袋駅ではなく、地下鉄のほうに行きたいので、鈍行で帰りました。



この日に学んだのは、気温が20度前後になったら、秋の装いを考えろということですね(笑)。ただ、暑さで体力を奪われることが無いので、とても楽しかったです。そして山の中ではいくつもヒガンバナを見ました。そろそろそんな季節でもあります。

2011年9月22日

Raphaからサイクルジャージを購入するの巻

超円高は悪いことばかりではなくて、海外の製品をより安く買えるということでもあります。大学図書館の支払いのうち、かなり大きい部分を占めるのが洋雑誌や海外電子リソースの支払いで、外貨建てで請求されるものもあるため、契約更新時期の今の円レートは、図書館員全員の関心事です。 ゴーンさんが政府に泣きつくくらいの超円高を追い風に、最近のマイブームはサイクル用品の海外直輸入。日本では売れる数が違うからか、何故か海外での販売額と国内の販売額がビックリするほど違う話は、先日Wiggleでサイクルコンピュータを買った話でも書きました。今回はサイクルジャージとパンツ。私はRaphaのジャージが大好きなんですが、日本だとあまり取り扱いが無くて、海外から買わざるを得ないともいえる商品です。

RaphaはWiggleと違ってDHLで商品を送ってきます。引き渡し後、すぐにメールでトラッキング番号が送られてくるので、ネットでトラッキングができて安心です。私の手元に来るまではこんな感じ。サイクルジャージが何なのか分からなかったからか、それとも連休で人が少なかったのか、税関を通るのにちょっと手間取ってますが、まあ海外から送られてくると考えると早いです。


DHL | 輸送状況のご確認 | 日本語

DHLについては、悪い評判を沢山見ました。曰く、時間指定ができないとか、平日の18時までしか配送してくれないとか。我が家も2人とも昼間はいないので心配だったのですが、ぜーんぶ杞憂でした。トラッキング情報を確認しつつ、最終的な配送に出た段階でDHLに電話をし、今日は遅くなるから、木曜日の19時以降に持ってきてくれと言ったら、快諾してくれました。指定していても、その時間に来ないとかいう噂も見ましたが、全然そんなことありません。ちゃんと届けてくれました。最も近いサービスセンターが、家の近所(自分で取りに行ったほうが早いレベル)だということもあるかもしれません。倉庫街に住んでいると、案外便利なこともあります。

Wiggleもそうでしたが、外国製品は輸入関税と消費税を払わなければなりません。洋服類は10%くらいかかるらしく、最終的に総額320ドルに対して1500円の関税と、700円の消費税を取られました。でも満足。男性のサイズを元に作られている感が強いサイクルジャージが多い中で、Raphaのジャージはすごくぴったりで、風でバタバタすることもなく邪魔になりません。そろそろ上着も欲しい頃なので、続けて買ってしまいそうです。


そういえば、Raphaにジャージを頼んだのと同じ日に、日本の某通販サイトに別のものを注文しました。そして、その商品は本日宅配ボックスに放り込まれました。地球の裏側のお店でも、国内のお店でも大して変わらないようです(笑)。

後日談(9/28)
その後、急速に秋の気温になったので、ウィンドブレーカーと、ジャケットをRaphaで購入しました。よく見たら、発送方法を選択できたので、今度はDHLではなく、郵便でお願いしてみました。残念ながら、トラッキング番号は送られてきません。しかし、注文して、翌日発送しましたというメール受信(9/24)、4日後の28日に到着しました。しかも、今回は関税も取られず、そのため宅配ボックスに入れて貰えました。関税類は別途国税局から請求されるのかもしれませんが、Wiggleのときは、やはり郵便で来たけど、配達時に税金取られたけどなー。どうしてだろう(検索してみたら、取られたり取られなかったりとかあるらしい)。というわけで、トラッキングできないことを考えても、時間はDHLと変わりませんし、郵便のほうが当然配達時間等も融通が利きますから、郵便をおすすめします。

2011年9月10日

[自転車]箱根リベンジ

5月の箱根駅伝ルートの旅では、全く登れなかった箱根。でも何度か山に自転車で登ってみて、少し自信がついた(というより、コツをつかんだ?)ので、もう一度行ってきました。但し、駅伝ルートを行くのではなく、小田原までは輪行です。


その代わりと言っては何ですが、今回は旧街道を選択し、さらにデジタル一眼を背負うという負荷をかけてみることに。旧街道との分岐で前を走ってたローディと別れ、早速登りです。湯本小学校前で、早くも息がきれそうになってました。旧街道は短い分、斜度が半端ないところがあります。一番キツイと思ったのは、箱根大天狗山神社前。ギアを落としてダンシングして、それでも後ろへ引っ張られてる感じ。力を使い果たして、登り切った後に木陰で休んだら、すぐ後にいたローディ2人連れに挨拶されつつ抜かれました。

寄木会館前で水分を補給すると、いよいよ七曲り。ただ、こういうカーブ間が短い登りは、精神的には案外楽です。だらだら続く先の見えない登りのほうが辛い。

 


ここを越えると、甘酒茶屋に到着。さっき抜いてったローディがちょうど休憩してて、手を振ってくれました(笑)。
 

ここまでで朝ご飯は消化終了。抹茶ジュースとうぐいす餅をいただきましたよ。



しばらく行くと、お玉ヶ池です。甘酒茶屋の前で下ったので、これでほぼ平坦かと思いきや、このお玉ヶ池までのだらだら、たまに急坂には結構足削られました。お玉ヶ池には珍しい鳥でもいるのか、カメラの人が沢山いました。登り切ったら、下り、そして芦ノ湖到着!登れたよーo(^▽^)o



今日はここで終わりではなく、椿ラインを大観山まで登り、湯河原に降りる予定。関所を過ぎて、県道75号に入ります。椿ラインは、芦ノ湖と富士山を見るのには絶好のルート。反対側は海も見えます。芦ノ湖からの登りは斜度がそれほどでもなくて、案外楽です。ただ、遮るものが無く、暑い。。気温26度と出てましたが、汗だくの私。




そして富士見峠に到着!確かにこれぞ富士見峠。でも富士山は冠雪しているときのほうがいいですね。そして今日の富士山は荒れ模様っぽい。いつかスバルライン登るぞ—。



ここから少し登ると大観山。ここからは下りです。航空路監視レーダー局の上辺りから、海が見えました。ただ、今日は暑すぎでしたね。冬だともっと綺麗だと思う、いや、冬は雪が降るのかな。ここからは下りオンリー。登ってくる自転車乗りと何人もすれ違いましたが、距離も長いし、こっちから登るの辛そうだな。



道が結構ガタガタしてるので、下りには気を使いました。途中の展望台で一旦休憩。ブレーキを握る親指と人差し指の間が痛い。途中、湯河原駅が左で、湯河原市街が右という看板が出てくるので、湯河原駅のほう(オレンジロードとか書かれてた)に行こうと思ったら、上りだったので止め。どうせ市街地に出れば駅に着くだろうと、市街地のほうへ行きました。案の定、道なりで駅に到着。あの看板は罠だな。そのまま海沿いを小田原まで戻るというプランもあったのですが、この炎天下の中をそれやったら確実に熱中症だと思ってやめました。

本日の走行距離、GPSによると43.8km,獲得標高1072m。コンディションが異なる状況での比較ですが、小田原から箱根に登るなら、新街道(国道1号)か、旧街道かと言われたら、旧街道のほうが楽だと思います。斜度はありますが、約半分の距離になりますし、車も少なく道も悪くありません。

というわけで、本日のデータをルートラボにアップしてみました。途中でやたらと休んでるのがバレバレ(笑)