2012年4月14日

[ポタナビ]ポタナビの取り付け位置

ポタナビつけて、ヤビツに行き、お花見に行き、結構便利なのですが非常に迷っていたことがひとつ。ポタナビを装着する場所です。最初設置したのはハンドル上でした。


ところが、ポタナビは結構大きいのででっぱりが気になります。それにステム上に設置したEDGE500が干渉して斜めになってしまいます。これは若干使いにくそうなので、EDGEとポタナビの位置を変えてみました。


ところがこれも若干ストレス。ポタナビ右側面には機能を選択するための上下ボタンがあります。これがぎりぎりライトにあたって、勝手に選択画面に入ってしまったりするのです。また、実際にその選択をしたい場合に、ライトが邪魔で押せないので、いちいちポタナビを外す必要があります。またEDGE500は両側面にボタンがありますが、それが押せなくなってしまいました。これもいまいちです。

そもそも女性用ハンドルで若干幅が狭いというのが問題です。こんなに3つもいろんなものを取り付けるようにできていないのです。そこで、ハンドルに取り付けるエクステンションを買ってきて、それにEDGE500とライトを取り付けることにしました。外にでっぱるので、ライトもKNOGのBOOMERに変更です。


これもやっぱりハンドルからのでっぱりが気になりますが、EDGE500は見やすくなったように思います。明日はこれで乗って様子を見てみます。

冬場は指先まで覆うグローブしていることの多い自転車乗りにとって、タッチパネルというのはあまり使いやすくないのは、iPhoneを地図に使っているときによく思いました。なので、ポタナビはタッチパネルにせずにボタンにしたのは正解だと思います。一方で、側面ボタンはハンドルやステムに装着すると使いにくいんですよね。これはEDGEでも同様なんですが。できればアクションボタンの両隣にボタンを付けて貰いたかったなーと思いました。


0 件のコメント:

コメントを投稿