2013年5月14日

志賀草津道路からは富士山が見える?!

日曜日の渋峠ヒルクライムから1つこぼれ話。草津から白根山へ向かう途中、標高1700mくらいに草津方向の視界が一気に開ける場所があります。榛名山、妙義山、浅間山がきれいに見える絶好のロケーションです。ああ、きれいだと思って見ていたら、その遠くの山々のちょっとした隙間に、真っ白に雪をかぶった山の頂が見えました。2000m級の山々に囲まれるこのあたりでも、山頂が真っ白ではありません。あの白さは3000m級。そして、その特徴的なシルエットは・・・もしや富士山?しかし、山に行くときは常用レンズである17-40mmという広角ズームレンズしか持ってないもので、写真に撮っても肉眼で見えるほど大きくなりません。とりあえずそちら方向を撮影し、あとで拡大して方角と合わせて確認しようと思っていました。

撮った写真が以下。最大ズーム(40mm)にしてこの大きさ(笑)。何がなんだか分かりませんね。

shibutoge_130512_4

そこで、富士山?部分をアップしてみました。元写真で言うと、右奥側にうっすら見える山々の真ん中辺りです。

shibutoge_130512_4_fuji

国土地理院の地図上に書くと、矢印方向を撮影しています。地図上に丸で囲んだのが浅間山。元写真では右側、雪渓があるこんもりした山が浅間山です。



やっぱり富士山ぽいです。右手の山は浅間山、富士山の左にかかってるのは北奥千丈岳?(大弛峠があるところ)ではないかと思われます。白根山から富士山が見えるというブログもありましたし、富士山先生の地図にも白根山周辺がみられる場所になっているので、やっぱり富士山かも。「富士山?」って感じの富士山ですが、お天気良い日は探してみてください。




0 件のコメント:

コメントを投稿