2013年2月20日

[自転車]航空記念公園のロウバイ

今日は土曜日出勤分の振休。ここ1週間ほど体調が悪くて日曜日も自転車に乗れなかったので、今日は少し長めを乗っておこうと、所沢方向を目指すことに。航空記念公園のロウバイが綺麗らしいので、ではそれを見に。

北風が強いという予報なので、あえて荒川を選ばずに、普通に一般道で行きました。いやーやっぱり平日の道路は混んでるんですね。土日は静かな青山通りはかなり怖かったです。表参道に入って、ようやく一息といったところ。

東京の西側に行くときにいつも迷うのが、どこで山手線を越えるかということなのですが、原宿は案外すんなりでした。今度はここを使おう。昼間になってしまうと表参道が混みそうですが、土日の朝なら大丈夫そう。井の頭通りの工事は大分進んでいて、徐々に走りやすくなっているようです。この辺りからは都心方向が逆になるので、下り線を走っている私は、そこそこ快適に走れました。11時頃、航空記念公園到着。その手前にまんじゅう屋さんがあったので、2つほどお昼用に買っておきました。

航空記念公園だけあって、飛行機どーん。C-64A輸送機だそうです。


この前には広い花壇のような場所があるのですが、元はそこが滑走路だったそうで。かなり広い公園です。そのすぐ後ろ側(写真に少し写り込んでいる白い建物)が所沢航空発祥記念館で、「日本の航空技術100年展」と称して、現存する零式戦闘機のなかで唯一飛行可能な機体がわざわざアメリカからやってきてるそうです。3月31日まで。

その向かい側に茶室があり、その前の庭がロウバイの林になっていました。ちょうど満開でとても綺麗。そしてものすごく良い香り。



お昼をベンチで食べて、さて出発しようかと思ったらなんと後輪がパンク。お昼を食べるときに置いていた場所に、植え込みの折れた幹の部分が出ていて、それが動かした時に突き刺さってしまった模様。久々にタイヤを外しました。まーなんとかなりますね。ちゃんと修理道具さえ持っていれば。チューブだけではなく、タイヤにも穴を開けてしまった時用のシールがあるのですが、ちゃんと持っててよかった。空気入れは二酸化炭素ボンベ。最強。

そのまま荒川に出て、”北風特急”に乗ってらくらく帰ろう!と思ったら、なんと荒川はずーっと南風。そう簡単にはいかないようです...。そして荒川の工事状況は相変わらず。やはり岩淵水門の先は少しだけ砂利道ゾーンを走らされます。

というわけで、自宅周辺を割愛した本日のルート。R246を使いたくなくて井の頭通りにしましたが、これは正解。途中、新青梅街道と交差する箇所があったのですが、新青梅街道は自転車で走るのはないなーと思いました。井の頭通りを離れてからの道は「所沢街道」と書かれていましたが、狭い道の割にたまにトラックが通るのが難点なのと、秋津周辺は結構渋滞がありました。航空公園から荒川のルートは、国道よりも今日の道のほうが良いように思います。




2013年2月10日

[自転車]春の房総サイクリング

立春を過ぎても寒い日が続きますが、という枕詞が似合わない房総。もう花摘みが始まり、菜の花も見頃だそうなので、お天気良さそうな連休中日に行ってみることにしました。房総は案外「自転車の人たちが寄るお店」も多いし、行ってみたいルートも沢山あって迷うのですが、一番楽そうな房総スカイライン〜フラワーラインを選択。

まずは木更津まで輪行です。木更津か君津か迷ったのですが、1駅でも近いほうがいいかなと思って木更津にしました。そこからスカイラインを目指すのですが、いきなり坂で凹みます。峠まで来て後ろを振り返ったら海が見えました。

県道249を選択したのですが、途中まで最近キレイにしたのかなと思うような美しい道路だったのに、「え、こっちですか?」という道になり、最後は林道のような狭い道に。下りの切通は、房総半島らしいものすごい地層の線が見えて、それはそれで面白かったのですが、県道92(スカイライン)にぶつかるまで、「本当にこの道でいいのか」と不安になりましたよ。そして無茶苦茶な登りが何度か出てきて既にヘロヘロです。

房総スカイラインには2つの有料道路があります。ひとつが房総スカイライン有料道路。適度なアップダウンのある美しい道です。自転車30円。ここは車と一緒に並んで窓口で支払ました。



房総スカイライン終点の前に、たまらん-kimitsu という卵屋さんがあります。ここの名物はTKG(たまごかけごはん)です。300円で味噌汁とお漬物がついて、卵とご飯は食べ放題。醤油も5種類くらいありました。朝食(は食べたんですが)代わりにちょっと寄ってみました。



片倉ダムを過ぎると2つ目の有料道路。鴨川有料道路20円。ここは自転車はポストにお金を放り込むタイプ。お釣りがないように10円玉を用意しましょう。




こちらは少し登りがあってその後ほぼ下り。ただ、大日の交差点から国道128号までかなりの渋滞でした。交差するR128も大渋滞のようでした。そういえば三連休でしたね。私はトンネルのあるR128は嫌だったので、海沿いの道に出ます。

海が見えて来ました。鴨川青年の家前で一気に開けるのですが海がすごく綺麗。まるでハワイのようです(いや、冗談じゃなく)。ここからずっと海沿いに続くフラワーラインは、ハワイのセンチュリーライドを思い出させる道でした。白い砂浜じゃないけど。



北風が強いのであれば、鴨川から野島崎までは追い風だと思っていたのに、海から風が吹くから微妙に向かい風。きついです。この辺りから逆方向から来るランドヌールとおもわれる人たちとすれ違うようになりました。白浜のセブンで休憩したら、ちょうどCPだったようで、沢山の自転車が休憩してました。私もお仲間だと思われたようで、レジのお姉さんに「お客さん、レシート忘れてますよ!」と言われました。

そろそろお腹が空いてきたから、千倉の道の駅あたりで食べようかなーと思っていたら、千倉漁港でなにやらお祭り中。屋台が沢山出ていたので、なめろう汁を食べました。くじらコロッケも食べたかったのですが、2つのテントどちらも大行列で諦めました。その後千倉の道の駅 の前を通りましたが、渋滞の列がここまで続いていたようで、大混雑してました。先に食べて正解。

フラワーライン沿いの花摘み所は、金魚草?が綺麗でした。




そしてようやくフラワーラインのメイン、洲崎への道。ここは両側に菜の花が植えられていて、この時期はとても綺麗なのです。



海とのコントラストも美しい。


洲崎灯台を抜けた辺りで富士山が見えたのですが、本当にうっすら。カメラで撮ってみましたが、パソコン上で綺麗に再現するにはちょっと厳しかったです。

館山駅15時15分頃到着。自転車をたたんで、さて電車は何時かなと思ったら、次の鈍行は16:03発でした。房総半島、ウチから見えるだけに近い気がするのですが、特急は本数が少ないし、鈍行に乗ると蘇我まで2時間、そこから自宅までさらに1時間という長丁場になり、それだけが困りものです。

でも房総半島は案外良いですね。道も綺麗だし、お店も多いし。今回は通らなかったのですが、安房グリーンラインとか嶺岡林道も気になってるんですよね。三石山はともかく、今日はかすめるだけだった鹿野山にも行ってみたいし。あと、もう少しあたたかくなったら、アイスも美味しそうです。

というわけで、今日のルート



2013年2月9日

今日と明日はシクロクロス東京です

今日と明日は、お台場でシクロクロス東京が開催されます。昨年初開催されて、案外人も集まって盛り上がってましたが、間近で見る「自転車を担いで走るレース」はかなり面白いです。近場の方は是非。

混む前にブースでお買い物しようと、まだレースが始まる前から出かけてみました。風が強くてたまに煽られながらお台場の砂浜に到着。会場レイアウトはこんな感じです。




実際にコースを見ていて観戦するのに面白そうだなと思った場所は、まず入り口近くの立体交差。昨年はコースを渡る横断箇所ができていたのですが、今年は思い切って上を通すというコース変更をしたようです。ここは上を選手が通る面白そうなポイント。急ごしらえっぽい橋がちょっと怖いかも。

もうひとつがRaphaゾーン。砂浜を下り、海沿いを西へ、そしてまた戻ってくるところです。私が走ったら下りで勢いがつきすぎて、海につっこむ気がします。




昨年の成功を受けてか、今年はいろんなブースがコースの内側に作られていました。大体9時開店のようです。私達のお目当てはRaphaブース。Raphaのウェアや小物類が特別価格で販売されてます。戦利品は、シクロクロス東京限定Tシャツ、カウベル、そして旦那用ネックウォーマー、私用のウインターグローブ。タイヤレバーはおまけ。


小一時間もいたら、寒くて我慢ができなくなりました。見に行かれる方は、防寒対策万全に!今日の寒さは半端ないですし、海風はさらに寒さを厳しくしてます。

2013年2月3日

[自転車]ヤビツ、牧馬、大垂水峠

まるで突然春が来たかのような陽気だった土曜日。きっとこれだけ暖かくなれば、山道の雪もとけただろうと、ヤビツ峠に行ってみることにしました。とりあえず秦野まで輪行。

いきなり名古木の交差点の電光掲示板に不穏な文字。「蓑毛より先、チェーン必要」。まあ下りてくるローディーがいるので大丈夫だろうと、県道70号をひたすら登ります。今日はお天気も良くて、菜の花台から富士山どーん。




246号からヤビツ峠までのいわゆる「表ヤビツ」は、全く問題ありませんでした。しかも路面凍結の危険性があるからか、バスが登ってきていません(多分蓑毛折り返し)。同じ理由でか、車もほとんどいませんでした。前回来たときやっていた道路工事は終わったようで、路面も綺麗で走りやすくなってました。最後の1キロくらい、路肩にはかなりの雪が残っていましたが、道路に染み出すこともなく、ヤビツ峠に到着。


避けられた雪を見ると、かなり降ったんだなあというのがよく分かります。そしてヤビツ峠の看板の前は皆が自転車を置くせいか、大きく穴が開いていました。

前回来た時は表ヤビツを下りて、246号で東京まで走ったのですが、今回は逆に下りて相模湖のほうへ行ってみようと思っていました。いわゆる裏ヤビツです。

しかし北側斜面で日陰も多い裏ヤビツの路面は濡れ、そして気温が低いためにところどころ凍結しているという悪路。というか、最初の5キロくらいは工事をしたのか、なめらかな路面で、スピードも出るので逆に怖いというか。しかし、しばらく降りて行くと、聞いていたとおり路面が悪くなり、案外アップダウンもあって地味に足を削られました。

宮ヶ瀬湖についたときにはお腹が空いたので、ちょっと休憩。ここから牧馬峠を越えます。後で思ったのですが、家まで自走するなら、ここで相模原のほうに出ればよかったです。でもせっかく峠に来たので、そのまま峠越えを選択。

ここから牧馬峠までが案外きつかったです。距離も標高差も大したことはないのですが、久々の峠で体がすっかり鈍ってしまったようです。なんとか峠を越えて、相模湖に降りてきたときにはもうへろへろでした。

一度行ってみたいなーと思っていた、相模湖にあるダヤンカフェ。ランチもやってると思ってたのですが、こんな時期はランチはないようで。季節のタルトが私の好きなりんごだというので、それを選択。美味しい(^^)。


このまま自走して帰るのは厳しそうだったので、ここから大垂水峠を越えて、高尾駅から輪行しようと思いました。高尾駅のパン屋さんが美味しかったのを覚えてたのもあります。

大垂水までも主要国道ですし、斜度も標高差も大したことないのですが、もう体力の残っていない私には、とてもながーく感じられました。大垂水峠の石碑が見えた時は、思わずガッツポーズしちゃいましたよ。


今日初めて綺麗な路面の下りで、気持よく下りて高尾駅へ。高尾駅のIchigendoでパンを買って食べました。テラス席で酒盛りをしているローディ君たちがいたのですが、ここから電車に乗って帰るなら、それも良いですね!

本日のルート。


今日の反省は、山に行くならもっと早く動き出すこと、そして2月の山はまだ路面凍結の可能性が高いことです。自転車掃除しなくちゃ。。。。