2013年3月31日

さようなら現・吾妻線






年度末の土日2日間で草津に言ってきました。今回は珍しく自転車なし。最大の目的は、以前数分の差で逃したリゾートやまどりに乗ることです。普段は高崎からの吾妻線を走っているリゾートやまどりですが、上野発の臨時列車「リゾート草津」として運行されたので、それに乗車しました。座席前後の幅がすごくゆったりしてるので、倒したい放題(笑)。輪行する場合もスペースが多いので便利かもしれません。ただし、特急なのに車内販売がありませんでした。昼食は持ち込んだほうがよいです。上野駅はいろんな地方の駅弁が売られていますし、惣菜系も豊富ですから困ることはないでしょう。中にはワインを瓶で持ち込んで飲んでる方がいました。フリースペースが多いので、子供連れのほうが良いのかもしれません。そして高崎線を走るリゾートやまどり型車両は珍しいので、どの駅でも(そして沿線にある鉄道博物館からも)撮り鉄さんが写真を撮ってました。

吾妻線は川原湯温泉を中心とする前後10キロが八ッ場ダムの下に沈む予定です。政治に振り回されたダムの建設はかなり遅れているようですが、八ッ場ダム周辺の交通網の移転は着々と進んでおり、国道はダムを回避するバイパスや新道が開通しています。ダム湖はできていませんから、現時点では「なぜそんなところに道路を作る?」と不思議に思うような高い橋脚や、山の上のほうに作られた道路が(ある意味自然への冒涜とも言える)異形の景観を作り出していて、これはこれで面白いです。ダム湖が出来る前に、この新しい不自然な道路を自転車で走ってみたいと思います。吾妻線も岩島駅から長野原草津口駅まで、川の反対側に移転する工事をしています(上の写真。右前方に見える真新しい白い橋方向が新線)。吾妻線沿いの日本の原風景的な車窓が変わってしまうのは本当に残念ですが、この路線はちょっとした大雨でがけ崩れが起き、カーブも多くて速度が出ないという問題の多い路線でもあったので、まあ仕方ないのかもしれません。巨大なダム湖ができたら綺麗かも。移転する温泉街も、落ち着いた雰囲気のまちづくりをすれば、どこか昭和的な古臭さを感じさせる草津に対抗できるかもしれません。ただ岩島-長野原間は8割がトンネルになってしまうそうで、車窓を楽しむための車両である「リゾートやまどり」はどうなるのでしょう。

草津は相変わらず昭和の温泉街らしさを保ってる街ですが、今回はちょっと中心から外れた季の庭に宿を取りました。様々な柄の浴衣と枕は選べるし(枕を選べたのは初めて)、いろんなお風呂があるし(部屋にも露天風呂)、部屋にコーヒー豆と器具一式があるし(これも初めて)、サービス満点でおすすめです。ご飯も美味しかった。観光するなら、バスターミナルや湯畑周辺のほうが良いかもしれませんが、単に滞在するなら、ちょっと外れたところの宿のほうが良いかもしれません。草津は宿以外にもあちこちにお風呂がありますが、私は西の河原大露天風呂(有料500円)が好きで、今回も宿に行く前に行ってしまいました。あの開放感がたまりません。また、地蔵の湯の前にある足湯(無料)は湯畑の前ほど混んでなくて良いですよ。地蔵の湯の前を通ったら、ちょうど時間湯をやっていて、掛け声が外まで聞こえてました。

帰りにバスターミナルからバスに乗ろうとしたら、雪が降ってきました。草津の春はまだ先のようです。


2013年3月23日

[自転車]荒川の桜前線

記録的な早さで満開宣言された都内の桜。20日に荒川を自転車で走った時も、週末見頃かなーと思っていたので、荒川を遡ってしばらくぶりに高半に行ってきました。荒川には素晴らしい桜並木が何箇所もあるのですが、何しろアクセスが悪いのでどこも静かに花見を楽しむのに向いています。下流から小松川千本桜、荒川赤羽桜堤緑地、戸田競艇場前、秋ヶ瀬公園、北本さくら堤などなど、どこも「名所」です。川沿いで風にさらされているためか、都心より若干遅いのが特徴で、2〜3週間徐々に桜前線が川を遡るのを楽しめます。今日走った感じでは、荒川赤羽桜堤緑地が見頃、小松川はもう一息、あと1週間くらいは楽しめそうという感じです。戸田競艇は今、戸田橋周辺が工事中で、自転車だとアクセス悪くて逆側から眺めただけですが、そろそろ見頃の様子でした。秋ヶ瀬まで行くとまだ早い。来週・再来週が見頃になりそうです。北本のさくら堤はまだ開花したばかりだそうなので、あと1,2週間後でしょうか。

午前中はとてもお天気がよく、黄金に輝くようなカラシナを眺めながら気持よく(いや、北風厳しかったんですけど)北上。サイクリングロード脇に繋がれてる牛に驚き、金曜に飲み過ぎて土曜の始発で眠る酔っぱらいを思わせる猫に爆笑(いずれも榎本牧場)。高半でガッツリ昼食を食べて、再び荒川へ。食べてるうちにすっかり曇り空になり、しかも行きに苦労した北風が、今度は南寄りの東風に(T_T)。ずっと向かい風にいじめられてヘロヘロになりながら川を南下しました。帰りは小松川のあたりで荒川を離れ、川の駅で休憩してそこから下道で帰って来ましたが、猿江恩賜公園の桜がすごく綺麗。スカイツリーとのコラボも楽しめます。まだつぼみも見えるので、まだしばらくは綺麗だと思います。深川大横川はもうすぐ見頃。来週30日からお江戸深川さくら祭りで、ライトアップも始まる予定なのですが、うーん、間に合うかな・・・。ここ数年、お祭りの日程が早すぎて(開花が遅すぎて)、開花もしてないところで花見してるひとも多かったのに、今年は葉桜ライトアップ?



2013年3月20日

[自転車]荒川の状況と川の駅

荒川の冬の工事がそろそろ終わりが見えてきたようです。岩淵水門まで工事の様子を見に行って来ました。堀切橋〜千住新橋までは工事中のまま閉鎖されており、工期も5月末までとなっていましたが、最悪だった岩淵水門手前の未舗装路は、ちゃんと舗装路が現れていました。最終的には従来のゴルフ場前も通行できるようになるようで、かなりの斜度だった坂道も、緩やかに改装されているようです。

帰りにロックゲートあたりから荒川を逸れて、新しくできた旧中川 川の駅に行ってみました。



小さい売店もあるので、補給にも良いかもしれません。足湯はおじいさんと子供たちに占拠されてたので入れませんでした。いずれにせよバスタブぐらいの大きさしかないので、ゆったり浸かるという雰囲気ではないかも。ちょうど水陸両用車スカイダックが来たので、ビデオ撮ってみました。乗客の年齢層は案外高いように思いました。



荒川下流の桜の様子ですが、岩淵水門あたりは今週末見頃だとおもいます。小松川千本桜はもう少し遅いかも。我が家の近くも満開に近いものもありますね。いよいよ今年も桜前線の北上を追いかける時期がやってきました。

2013年3月16日

[自転車]生しらす漁が始まってます




日本人ってものすごく季節に敏感だと思うんですよね。四季がはっきりしているのもあるけれど、特に季節によって旬のある魚を主食にしているというのもあると思うのです。職場近所の和食屋がお気に入りなのも、季節によって旬の魚を出してくれるから。そろそろ牡蠣も終わりかとか、そろそろ初鰹が出るかなーとか、もう鱧の季節かとか、おーサンマが出て来ましたかとか、季節が感じられるのが良いです。

というわけで、3月11日に漁が解禁されたしらすを食べに、江ノ島のほうまで行ってきました。いろいろあって2年越しの生しらすを食べに行く夢がかないました。生しらすをいただいたのは、腰越漁協の目の前にある「しらすや」さん。しらす自体は結構好きで、釜揚げのしらすを買って食べたりしますが、生と釜揚げとを盛りつけてるとはいえ、丼一杯のしらすってどうなんだろうと思っていたのです。ところが、これがすごーく美味しい。甘味があって、醤油をかけて食べるとご飯とよく合いました。コアジと釜揚げ・生しらすが乗った三色丼(1000円)をいただきましたが、ちょうど良い量。若干並んでいましたが、まあ15分くらいで入れましたし、丼ものはすぐに出て来ますから、並んでから食べて出るまで結局40分くらいでした。三色丼の地魚は、その日の漁で変わるそうです。今日はコアジ、めかぶ、ブリ、あともう1つなんだったかなー忘れちゃったけど、4つの中から選べました(めかぶが地"魚"かどうかは聞かないで)。

帰りには長谷寺近くの力餅家さんに寄り道して草餅買いました。鶴岡八幡宮は梅が綺麗でしたし、横浜の中心まで戻ってくると日本郵船の前の早咲きの桜(多分河津桜と、カンヒザクラ)が満開。増上寺はシダレ桜が満開で、そろそろソメイヨシノも開花しそうです。


2013年3月10日

[自転車]山の房総サイクリング





寒かった2月を忘れさせるような陽気となった昨日は、再び房総に行ってきました。房総半島というと海のイメージが強いのですが、今回は山のほうへ。君津駅まで輪行して、君津駅に戻ってくる距離113キロ、獲得標高1400mの中級山岳ライドです。ハイライトは里山の美しさと、梅、水仙、菜の花、河津桜の共演。どこを走っていても田畑に菜の花が植えてあったり、道端に水仙が列を作っていたり、空き地に立派な梅の木が満開の花を咲かせていたりして、登りの苦しさを忘れさせてくれます。注意点は、鹿野山牧場の前あたり、地図上では県道表示ですが、一部ダートがあります。ロードで走れないことはないですが、一回砂に車輪を取られてひやっとしました。お昼は道の駅三芳鄙の里ビンゴバーガーで。聞きしに勝る大きさで、普通のバーガーの1.5倍くらいあります。「スーパービンゴバーガー」なるさらにビックサイズがあるらしいですが、胃袋に相当自信のある人以外はやめたほうが無難かも。佐久間ダムは頼朝桜と呼ばれている河津桜が見頃でしたが、樹木の種類からするとソメイヨシノが満開の頃が一番すばらしいと思われます。その頃もう一度行きたいかな。
この日のルートは、一部国道を含めて基本車の通りが少ないルートです。特に縦に走る県道はほぼ貸切で自転車にぴったりです。コンビニは全く無いので、補給食は予め用意しておいたほうがよいかもしれません。自販機は沢山あるので、飲料は気にしなくても大丈夫です。


2013年3月2日

天神さんの梅は、半見頃でした

あまりの強風に自転車で外に出るのを諦め、普通に電車に乗って湯島天神に梅を見に行ってきました。今年は全体的に梅の開花は遅い模様。湯島天神はというと、南側の梅園は見頃でしたが、春日通り側はまだまだ白梅も3分咲き、紅梅は蕾も多い感じです。

まだまだこれからの春日通り側の紅梅

南側の白梅は綺麗でした

ものすごい量の絵馬の上にも梅

お昼はよく自転車で来る「阿吽」へ。最初に来た時は御徒町をポタリングしてて偶然見つけたんですが、実は有名店だったと後で知りました。土日はこの辺りは人通りも少ないのに、それでもこのお店だけはいつも満員です。今日も満足。私はいつもの担々麺を選択しましたが、旦那は汁なし担々麺を食べていました。辛さは調節できるようですが、普通だとピリ辛でちょうど良いです。お店を出たのが11:30頃。まだ次の予定までに時間がありそうなので、コーヒーを飲もうと思いました。ふと見ると、向かいに自家焙煎コーヒー店(Zehn Coffee)が。今日のコーヒーがパナマのゲイシャ種(しかも1杯500円!)だったのでそれをいただきました。美味しかった。全面禁煙なのも良いです。

次の場所へ移動するために湯島駅に降りたところ、強風のために、常磐緩行線に乗り入れている千代田線は遅れ気味。下り方向はすべて綾瀬折り返しになっていました。そして乗車した上りの代々木上原駅行きは、突然小田急線唐津田行きに変更に(ちなみに代々木上原のほうがずっと手前だから、今乗っている利用者には全く問題のない話)。車掌さんが「強風のためJR線内の列車遅延により、当列車は小田急線直通唐津田行きに変更させていただきます」という、意味不明なアナウンスをしていました。千葉で風が吹くと、地下鉄は神奈川行きに変更になるようです。

次の目的地は西麻布。Raphaの春夏新作展示会が行われています。入り口にはいつものこの看板。歩いてくるのは初めてで、ちょっと迷ってしまいました。


Raphaは女性用のラインナップが多くて良いなといつも思います。サイクルジャージはプロ用を真似た原色を多用したものが多いのですが、Raphaはその点地味で良いです。新作で気になったのは女性用ビブショーツ。真夏のライドによさそうな感じです。LightWeight Jerseyの白を持ってるのですが、あまりに薄くて透けるんです。一度真夏のライドでジャージの袖部分ではなく、ジャージの下に着ていたインナーに沿って日焼けしたのはかなり驚きました。でもこのビブショーツを下に着れば、ちゃんと二重になり、少なくとも透けは気にならなくなるらしいです(下着の線に沿う日焼けは回避できないと思うけど)。大阪のRaphaショップで見たときも気になっていたEssentials Case(ポーチ)もやっぱり良いですね。あとサコッシュ型をしたバッグ、Musetteも、荷物を持ちたい時に使いやすそうでした。安売り狙いたいなー。今年はFesta Della Donnaやらないのかしら。今回の展示会はセールや新作の販売はなしで展示だけですが、サイズや色味が確認できるので、通販だけだと気になる方は是非どうぞ。明日まで。