2014年12月6日

乾通り一般公開 秋

天皇陛下の傘寿記念イベントで、乾通りが春と秋に一般公開されることになっていました。春も楽しかったのですが、その際もイロハモミジやカエデがあちこちにあったので、秋も綺麗だろうなあと思っていたのです。ようやく都心の紅葉も見頃を迎え12月3日から5日間公開されることになったので、初日に早速行ってきました。

前回と同様、8時半頃から並べば、なんだかんだと9時半には開くだろうと思ってました。なので同じぐらいに行ったら、ほぼ同じ場所に並ぶことができました。

馬場先門の地下鉄出口は8時半から閉鎖されるそうです。前回もこんなのあったかなーと思いましたが、前回のぐだぐだオペレーションでいろいろ反省したのか、警察の誘導もかなり改善されていたので、この閉鎖も追加されたのかもしれません。



ここを8時半前に過ぎるのが吉ですね。そして坂下門方向へ向かわず、二重橋の方へ渡ってまっすぐ行くと、列最後尾が近いです。



さて、列のおばあさん達に混じって本を読みながら待ってると、案の定9時5分に列が動き始め、荷物検査が始まりました。なお荷物が無いと、別のレーンを進めます。続けて身体検査。これは全員です。

チェックのテントを抜けると、坂下門前にもう一度列が作られました。1列が一杯になると、Uターン方式ではなく同じ方向に2列目が作られ始めたので、ここで入場を一旦切るつもりかもしれません。1列目に入らないと結構待たされる可能性があります。



結局9時半に開門。



早速真っ赤になったモミジが迎えてくれます。



ここも日当たりによってグラデーションが綺麗。黄色に近いモミジも、真っ赤なモミジもありました。



道灌濠に映るモミジも綺麗。



後で見たニュース映像では立錐の余地なしって感じの映像でしたが、あれは望遠マジックかなとも。朝一で入ったからか、右のモミジ、左のイチョウとフラフラしつつ、写真も撮ることができました。



40分ほどで乾門に到着。春と同様、途中で東御苑へ曲がることもでき、乾門に行くか、東御苑に行くか選択することができます。




今年の公開は陛下の「傘寿記念」なので、来年もあるのかどうか。この来場者に気を良くして毎年やるか、それとも「もう勘弁してくれ」なのか。毎年恒例になれば、来場者は多少減ると思いますけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿