2014年11月30日

六義園の紅葉ポタリング

強い雨の土曜日は午後から晴れ、ただ日曜日もかなり地面が濡れていたので近場でポタリングすることにしました。今年は平地も紅葉の発色が良いようなので、都内随一の紅葉の名所六義園へ行ってみることにしました。

永代通りから外堀通り、不忍通りを抜けて駒込へ。日曜日の朝の不忍通りは走りやすいです。予定通り開園時間を少し過ぎた9時15分頃到着。





駐車場はありませんが、入り口のすぐ脇に自転車置場がありますので、自転車はOKです。ただ足のないロードバイクはちょっと厳しいかな。

さっそく園内をお散歩。田鶴橋の上のモミジが真っ赤です。


六義園は散策する道が入り組んでいて、なかなかおもしろいのが特徴です。駒込駅側の淵の辺りも紅葉がとっても綺麗でした。


入場直後はそれほど人がいなかったのですが、うろうろしているうちに人が増えてきました。


吹上茶屋は紅葉を楽しむ大勢の人で賑わっていました。


日が当たる場所とそうでない場所と同じモミジでも様々な色が楽しめます。


出口のところにある若いモミジも見事。紅葉の時期の六義園は何度か来ているのですが、今年はほんとうに当たり年だと思います。赤の発色がとてもいい。


帰りは本郷通りを南下していったのですが、途中東大の銀杏並木の金色に惹かれて寄り道。


さて、お腹が空いたので、たらたらと戻ってきて、永代橋たもとのMile Post cafeでお昼。最近リニューアルオープンして、ナンが注文できるようになりました。ナン美味しい。ただ、がっつり食べたいという人には少し物足りないかも。


今日はお世話になっているお店の川崎店のイベントで、清澄白河に来ているということだったので、コトリパンに寄ってみたのですが既にお帰りになった後のようでした。コトリパンも12時頃でしたが「パンが残り少なくなってます」の札が出ていました。

そのまま木場方向へ向かってAllpress Espressoで食後のコーヒー。


戻ってくると、近所の並木(メタセコイア?)がとっても綺麗だったのでした。


2014年11月23日

[自転車]箱根と明神林道・黒白林道

久し振りに箱根に行ってきました。昨年は約一週前に富士山を見に登ったのですが、足柄峠からの富士山が雲かぶってしまっていたので、今度こそ。

小田原まで輪行し、いつものように旧道を登ります。昨年は畑宿より上のほうが見頃でしたが、今年は須雲川インターの辺りから見上げる山が最高潮。赤、オレンジ、黄色、そして常緑樹が混じって、錦繍と呼ぶに相応しい色合いです。


畑宿を通過しているときに、「町内猪の駆除を行います」というアナウンスが流れてました。今は猪の旬のようですね。「衝突事故にご注意ください」と続いてましたが、猪突猛進の猪を避けられるのか...?

畑宿を過ぎ、七曲りの辺りでは道端の木々も色づいていました。



大芝の交差点から、湖尻方向へ。富士山が正面に見えるようになってきました。


そして、仙石原へ。そろそろ薄も終わりでしょうか。


国道に出てから、昨年は長尾峠へ向かったのですが、今回は公時神社のところから明神林道へ入ることにしました。


明神林道と黒白林道をつないで行くと、足柄街道の地蔵堂に出られます。今日は地蔵堂のところでお昼も食べたかったので、ショートカット。こちらから入れば、金時隧道までそれほどの登りでもなく到着できます。金時隧道はライトがほとんどありませんから、ライト必須です。


明神・黒白林道は全面舗装で、下手な県道よりも(例えば、足柄駅から足柄峠までの県道78号なんかよりも)ずっと走りやすいです。景色も綺麗。


足柄古道まで下りて来ました。お昼には(開店時間には)ちょっと時間があるので左折して夕日の滝へ。途中、猪?の毛皮を干すお店がありました(「ししにくあります 」という看板も)。

夕日の滝はバンガローの先から未舗装になるので、自転車を置いて歩いて行きました。と言っても、すぐです。思っていたよりもずっと高さのある滝で、姿もよくて綺麗でした。滝行をしている人たちがいました。すごいなぁ。


地蔵堂のほうへ戻り、万葉うどんでお昼です。11時開店のようなのですが、11時過ぎの段階でほぼ満席。ただうどんですから回転も早いので、並ぶまでは行かないようでした。

お腹も満たされたので、今度は足柄峠へ登ります。昨年峠から小田原方向へ下りて来た時、次々現れる10%以上(最大15%)の標識に、「小田原から足柄峠へ登るのはありえない」と思ったのですが、地蔵堂からなら4km弱だしどうにかなるかな、なんて思ったのです。甘かったです。なんか休まるところが全く無いんですよね。全体の平均斜度が10%なのですが、10%の標識が出てくると若干ほっとするくらいの厳しさでした。なんとか登り切りましたよ。

そして、城址からの富士山は。山頂バッチリ見えました。大きくすると分かるのですが、雪の中に登山道らしきものが筋になって見えるんです。前よりも雪の範囲が広がってる気がしますし、もう富士山は完全に冬の装いですね。


溜め込んだ位置エネルギーを一気に解放し、小田原へ下ります。途中、地蔵堂のトンネルを抜けた辺りから見上げる山が、とても綺麗でした。今年は標高の低い場所も紅葉の色が綺麗だと思うんですよね。


というわけで無事小田原駅到着。駅前で自転車を畳んでいると、駅にある箱根ベーカリーから良い香りが・・・。抗うことはできずに吸い寄せられて、お土産用のパンを買いました。ここのパン、美味しいのですが特にクロワッサンがオススメ。焼きたてをその場で食べるのもありですよ。

本日のルート。

2014年11月15日

[自転車]首都圏外郭放水路特別見学会

毎年この時期に首都圏外郭放水路の庄和排水機場が特別開放されて、しかも平日に予約しないと入れない地下施設に入れるイベントが行われています。毎年行こう行こうと思いつつ、なんか日程があわずにいたのですが、今年はお天気も良さそうだし自転車で行こうと朝から江戸川を遡ってきました。

関東平野はピーカンで、江戸川からは富士山が綺麗に見えました。




天気予報どおりの強い北風に悩まされながらも開始時間の10時前に到着。



駐車場はありませんが、サイクリングロード脇の施設だけに駐輪場は設置 されています。既に大量の自転車が停められていました。普通のママチャリもありますが、ロード用の駐輪場も作ってくれています。ただ、この駐輪場を作ってくれた方はあまりロードに乗られないのか、背が低いのが難点(笑)。少し斜めにして自転車を入れ、自転車同士を支えにして置くしか無いというか。。。来年もあるのであれば、もう少し物干し竿の高さが欲しいです。お願いします。というか、明日もあるので、明日までに改善されるとロード乗りに喜ばれます。


ちょうど開門時間ということもあって入場列ができていましたが、 入るのにやたらと時間がかかるわけではありません。階段は狭いですが、地下の貯水槽はえらく広いので、それほど待たずに入れました。出た時(11時前)には行列もなくなっていましたので、逆に開門時間を避けたほうがよいのかも?

注意書きを見ながら進みます。


入り口は、屋上の扉みたいな感じ。


階段を降りて行くと、「地下神殿」と呼ばれる貯水槽に到着。注意書きに「100段の階段を登り降りします」「階段を登れない方は入れません」とかいろいろ書かれてるので、クリート付きのSPDシューズで大丈夫かと思いましたが、まーったく問題ありません。駅の階段よりもよっぽど歩きやすいコンクリートの階段ですし、100段とか脅されるとかなりありそうですが、せいぜいビルの4階分くらいを歩く程度です。

というわけで中に入ると、ひろーい空間が待ってました。


そもそも外郭放水路は中小の河川の水を取り込んで、最終的に江戸川へ放出するために国道16号の下に作られたトンネルで、この地下神殿は江戸川へ放出する前の最後の調整弁というかダムのようなものです。完成以来12年、この地下神殿は毎年7回程度使われているそうですが、最大流入量は今年の6月の豪雨の時。4日間ポンプを動かし続けたそうです。最近局地的かつ記録的な豪雨が増えてるので、いつかこの放水路の許容量さえ超えてしまうのではないかと少し不安になりました。最近では10月の台風のときも稼働しています。そういう時は川の水を取り込むわけで、案の定というか、若干ヘドロ臭がありました。10分に1回、約5分の案内も行われているので是非聞いてみてください。

稼働すると、大体茶色になっているところあたりまで水が来るそうです。水が溜まったこの施設も見てみたいなー(写真は手渡されるパンフレットにあります)。


外郭放水路には5本の立坑があり、そこから水が取り込まれてきます。一番最後の立坑が、この「地下神殿」にくっついて作られており、奥に見ることができました。残念ながら近づけるのはここまで。上や下を覗きこむことはできません。


帰りは同じ階段ではなく、立坑近くにある階段から地上に戻ります。地下神殿内は清掃されるようなのですが、さすがに人が立ち入らない上部までは行わないらしく、かなり泥がたまっていました。


上に戻ると、外の広場では彩流の川まつりと称するお祭りが開催中で、沢山の店が出ています。そろそろお腹も空いてきたので、ハンバーガーを食べたり、つきたて餅とかいただいたり。旦那は新そばを食べていました。つきたて餅は本当におすすめ。臼で実際についてました。私達は乗らなかったのですが、江戸川でボートに乗るイベントもあり(有料)、排水口が見られると宣伝してました。

そういえば、リストラの危機にあるというコバトンを見ました(笑)。その他にも埼玉のゆるきゃらが沢山来てましたよ。


今回の特別見学会は、通常の見学コースにも入っていないというポンプ室も公開されていました。このポンプを稼働させて、江戸川に水を流してるそうです。ポンプ周りの柵に見える赤い玉は、二酸化炭素消火設備。図書館でも書庫に使われてるところありますね。


そのまま龍Q館に案内される順路。なかなか良く出来ています。龍Q館の屋上は、関東富士見百景に選ばれてる場所なんだそうです。確かに富士山見えたのですが、行きに見えた時よりも雲かぶっちゃってました。。。


というわけで、1時間ほど特別見学会を満喫して、そのまま 宝珠花橋まで北上、左岸側に渡って、喜八堂で休憩&お買い物。江戸川の左岸は、一部工事が行われていて、宝珠花橋の海側から金野井大橋まで側道(一般車道)を走る必要がありました。行かれる方ご注意を。

首都圏外郭放水路の見学会は、明日も10時から15時に行われます。明日もお天気よさそうなので、是非どうぞ。


2014年11月1日

千代田区散歩 & 日本橋の新しい駐輪場

東京国際映画祭最終日、初めてTOHOシネマズ日本橋に行ってきました。COREDO室町2に入ったTOHOシネマズは結構広くて綺麗です。地下には和洋中様々なお店がイートインも展開していて、リーズナブルにご飯も食べられるので結構便利だなと思いました。

それよりも周辺をうろうろしていて気づいたのが、室町東駐輪場!



26時まで開いていて、6時間100円(自転車の場合)です。自転車の入り口はここ↓です。つい最近できたばかりであまり知られていないようです。ガラガラでした。日本橋は三越にも駐輪場があるので、自転車で来るのも案外便利ですね。


大きな地図で見る

COREDO室町に行ったら、東京駅100周年記念で、老舗百貨店と東京駅を巡り硬券を手に入れるイベントをやっていたのを思い出しました。金曜日にCOREDO室町(裏面は三井マーク) で貰い、土曜日に改めて日本橋髙島屋、日本橋三越本店、大丸東京店と東京駅八重洲中央口前のみどりの窓口にある「100周年おもてなしカウンター」なる場所で台紙と最後の硬券を貰ってコンプリート。歩いてもいいですし、自転車でもいいですし、メトロリンク日本橋という無料バスもありますから、それで巡るのもありですね。



ちなみに今日、明日は神保町で秋まつりと称していろいろイベントが行われているので、丸の内シャトルが日本橋や神田を巡る「千代田秋まつりルート」を設定しています(乗車はやはり無料)。イベント会場のそばに停留所があるので、是非。丸の内シャトルの停留所、またはメトロリンク日本橋の日本橋南詰、三越前から乗車可能です。

我々もせっかく東京駅まで来たので、そのまま丸の内シャトルで神保町へ。3日までカレーグランプリ開催中です。昨日の昼も東銀座でカレーを食べたのに、またしてもカレー(笑)。カルダモン食堂のキーマカレー、美味しかったです。今度はちゃんとお店で食べようと毎年思いつつ、なんとなく行かないの。だって日比谷にひつじやがあるんだもの。3日まで古本市もやってますよ〜。