2016年1月20日

平成28年大相撲初場所中日@国技館観戦 ー国技館の楽しみ方ー



ここ5年ほど、初場所の時期に1日は国技館で大相撲を観戦しています。最初はこのところ人気なくてチケットが取りやすいから、という理由で行ったのに、今やチケット自体が争奪戦。ただ、瞬殺の超プラチナってほどでもなく、土日開催日でも何とか買うことは可能です。もう毎年恒例になりつつあるし、年1回でも国技館で生の相撲を見るといろいろキャッチアップもできて楽しいので、売り出し日に購入しています。特に中日に行われる新序出世披露が私は結構好きで楽しみにしています。新人が多いのは3月ですが、さすがに大阪に行くのは厳しいので、次に新人の多い1月場所で、将来有望な若手の情報を仕入れたりしてます。

国技館に行くと、幕下辺りから真剣に見て、面白そうな力士を探しています。最近は相撲部屋に出入りするような熱心なファンも多いとかで、幕下辺りでも名前を呼ばれる力士がたくさんいますし、メモっておいて、1年後の初場所で番付を比べてみます。「あ、この力士ここまで来たんだ」と楽しんでいます。我々は家が近いこともあって、序の口が始まる8:40頃には着いて1日中国技館で遊んでますが、国技館内のお店が開き始める10:00頃からなら十分楽しめると思いますよ。どんなに混んでる日でも、午前中なら空いてる枡に座ってみてたり、砂かむりまで行って見たりしても怒られたりしません。

国技館エントリは、ここ何年かの相撲人気により急速にアクセスが伸びていて、苦労して登った峠のサイクリング記録をはるかに上回るアクセスを毎場所記録しています。中でもアクセスの多い「国技館で1日楽しむ方法」は相撲人気回復のかなり前(エントリを読めばわかりますが、私が取ったマス席の前の列が全部空いていました)なので、それに追加するような情報を加えていきますね。

2階西側の売店で売られている「ひよちゃん焼き」。味はクリーム・あんこに加えて 1月限定商品としてチョコレートもありました。これは出来たてを食べるととてもおいしいです。10時頃から2階西側の売店で売っています。また、アイスもなかも追加されていました。ラムレーズンやストロベリーなど数種類あるようです。写真はチョコレートのひよちゃん焼き。チョコレートの黒が透けて、ややこんがり風。



この「ひよちゃん」は、ハッケヨイ!せきトリくんという相撲協会が作成する子供用情報サイトのゆるキャラ「ひよの山」を型どったもの。このせきトリくんグッズが1階正面通路で売られていて、大人気です。普段使いできそうな商品も多くて、新商品も毎回追加されています。私は弁当用の箸を使ってます。あとはお弁当を入れるくらいの小さいバッグがあると買うんだけどな。普通のお土産品では、1階、2階の東側の売店で売っている小物類はおすすめです。お相撲さんと大入マークを散りばめた小さめの風呂敷を持っているのですが、お弁当を包むのに重宝しています。



もちろん、贔屓の力士がいる場合は、手形とか、ストラップとかいろいろあるので探してください。お土産屋はそれぞれが独立しています。東の売店で売り切れているものが、西の売店で売っていたり、ビールの種類が違ったり、弁当の仕入れ時間も異なります。まずは一周回って吟味するのがおすすめです。

実は国技館はこう言っては何ですが、あまりお弁当の質は良くないと思います。そういう声が多かったのか、今場所は「なだ万」と「京樽」とコラボしたお高いお弁当が売られていました。国技館に来たネタにどうでしょうね。



ただ、外で買ってきたほうが安くておいしいものが食べられるかも。一時的に外に出ることも可能ですから、周りの飲食店に行ってもよいかもしれません。温かいものを食べたい場合は、2階のレストラン雷電か、もしくは西側外通路に出ているピザ屋さん、小腹がすいたときは2階西側のたこ焼きでしょうか。国技館名物の焼き鳥は外せません。お土産にも良いですが、実は焼き鳥の消費期限は当日中ですので自己責任で。12時から地下の宴会場で1杯250円でふるまわれるちゃんこはもちろんマスト。



ただ、宴会場は持ち込み不可で、メニューはちゃんこだけなので、やや物足りないかもしれません。毎場所人気で並ぶ列が外まで伸びているからか、宴会場の中にも列が作れるようになっていました。宴会場は広いですし、メニューはちゃんこ1種類だけ、相席でどんどん人を入れますから、並んでいてもそれほど待つことはないと思います。

大相撲協会が作っている公式グッズもおみやげとして人気。今場所は手ぬぐいセットとトートバックがあります。手ぬぐいは前からあったと思うのですが、いつもテーブルで通路に出てた思います。今場所はこんなに立派なブースが正面ロビーにできてました。



このお土産屋の特徴としては「協会がやっている」ということです。つまりお店番は協会員、主に引退した相撲取りです。私が購入したトートバッグを袋に入れてくれたのは元・栃乃洋(竹縄)、そしてお釣りをくれたのは元・栃乃花(二十山)でした。

親方でも偉い人たちは土俵周りの審判員だったりしますが、若手(あくまで親方としては)の人々は、館内警備などで回っている人も多いです。2階の雷電の前に元・豊真将関が立っているのを見て、「あ!豊真将だ!」と思ったのは私だけじゃないはず。

そうそう、今回初めてラジオを持っていったんです。これが意外と便利。特に良く知らない幕下辺りだと、力士の出身やプライベート、得意技や相撲の対戦成績なども聞けるのでおすすめです。NHK以外にも国技館内でしか聞けない「どすこいFM」という放送も行われています。

生で観戦する相撲は、テレビとは違います。意外と忘れがちなのは、リプレイが無いこと(笑)。当たり前ですが、一番一番は終わったら終わりです。ですから、物言いのついた一番をスローで再生とかできないのです。真剣勝負は見る方も同じ。一瞬を見逃さないように真剣に見てこその国技館観戦です。

国技館での相撲観戦は楽しいのですが、さすがに国技館の椅子や枡は古いですよね。枡は現代人の体格には合っていないし、椅子も今時のショッピングモールにあるシネコンの座席よりも幅も前後の間隔も狭く、クッションも固いです。枡席を無くせとは言いませんが、もう少し一枡を広めにしてもいいと思うし、2人席にして、前半分は掘りごたつに机にしちゃうとか、観客の快適性を追求した改修をして欲しいと思うのは私だけでしょうか。椅子も入れ替えて欲しいなぁ。外国人観光客も増えていますから、改修は急務じゃないかしら。大相撲協会の人はみんな人離れした体格なんだから、彼らの体格に合わせて作れば完璧ですよ。人気回復の今こそ、そういうところで攻めの姿勢を維持すべきなのではないかしら。

と文句を言いつつ、きっと来年も観戦に行ってます。何度も書いていますが、生で一度見ると本当に面白いですよ。迫力が違います。

2016年1月9日

[自転車]権現堂堤の水仙



幸手の権現堂桜堤は関東でも有数の桜の名所ですが、奈良の吉野のように桜の季節で年商をあげてあとはお休み、というわけにはいかないのでしょう。夏はあじさい、秋は曼珠沙華、そしてこの時期は水仙が見られます。水仙は2010年から植え始め、いまでは50万本にもなるそうです。今年は年末年始が暖かかったためか、どの名所も水仙の開花が早まっているようで、そろそろ権現堂も見頃に入りつつあると聞いて行ってきました。

いつものように荒川から国道14号を通り、江戸川の右岸を遡ります。江戸川の右岸は綺麗なトイレや休憩所が絶妙な間隔でありますし、道幅も整備された箇所からどんどん広くなっていて走りやすくて好きです。東京を過ぎれば人が少ないのもありがたいですし。強いて言えば、ほとんど景色が変わらないことと、北風が強い日はかなり拷問ということでしょうか。

三郷の休憩所はトイレも綺麗。ロード用のバイクスタンドあり

宝珠花橋の手前に関宿滑空場という場所があり、お天気の良い日はグライダーが曳航機とつながって飛んで行くのが見えます。今日は風も理想的だったのでしょう。沢山のグライダーが飛んでいました。

曳航されて飛び立つグライダー。既に切り離されたグライダーもその先に見える

関宿橋まで約60km。関宿橋を左折して下ります。国道4号を渡ったら、「ひばりヶ丘工業団地→」の看板に従って右、さらに最初の交差点を左です。あとは道なりで権現堂堤の入り口に出ます。

水仙の群生地は少し中に入ったところにありました。


結構咲いてますね。特に日当たりの良いところはもう見頃と言って良いと思います。小さい花が咲き乱れて、いい香りが漂っています。


そのまま国道4号沿いにあるプロローグというハンバーグ屋さんへ。美味しかったです。セットのスープが豚汁だったり、付け合せにスパゲティが乗ってたりするのが町の洋食屋という感じですが、それも含めて満足でした。お箸で食べる洋食と言う感じです。柔らかいので、お箸でもすっと切れるし、かと言ってボロボロ崩れるわけでもない絶妙な固まり加減が良いです。味噌汁を汁椀で出すのなら、できればご飯もお茶碗で出してもらえると嬉しいなと思ったのでした。


再び同じ道を戻りますが、今度は微風とはいえ北風というアシストがあるので少し楽です。行きよりもやや早めに帰ってきて15時に到着。走行距離135kmで、今月のStrava グランフォンドチャレンジは終了です。


2016年1月5日

正月下町ポタ

午前中、銀座のウインズで年始プレゼント(これがまた客層に全く合わないカワイイタオルなのです)を貰い、賭け初め。お昼を食べて、ぶらぶらとコーヒー豆を買いに行こうと銀座を歩いていると、既に正月色は大分薄れ、日常が戻りつつあるなと思いました。コーヒー店でも「2日は特に今までで最高の来客でしたよ、昨日はさっぱりだったんですけど」と言ってましたし、ビジネス街は既に仕事が始まっているようです。ウインズもネクタイに背広のおじさんたちが買いに来ていました。

午後は少しポタリングでもしようかと下町を遡っていきます。せっかくなので源森橋でスカイツリーにご挨拶。そろそろ空いてきたかしらん。建設時から毎日見てるのに一度も登ったことがありません。


そのまま浅草通りで雷門前に来たら、ここはまだまだお正月でした。テレビカメラも来てました。お向かいの亀十の前はもうディズニーランドか、ってくらい混雑してましたし。


昨日オープンしたという、浅草のお茶屋さん「壽々喜園」の中の静岡のななやコラボショップに寄ってみたのですが、なんとジェラート買うのに1時間待ちの札が出ていて諦めました。なんでも「ほとんど抹茶の塊を食べているよう」と言われるくらい濃い抹茶ジェラート(っていうのかそれ?)を最高レベルに、様々な濃さの抹茶ジェラートが選べるのが売りだそうです。少し南下して、田原町のボワブローニュに寄ってみましたが、こちらは今日までお休みでした。同じ東京でも銀座と浅草では正月休みの長さが違うようです。

春日通りで再び隅田川を渡って、清澄通りを南下。平野のあたりで少し中に入ってみると、何度か探していて見つからなかったfukadaso発見。でもこちらも本日はお休み。


この辺りは深川七福神が点在しており、多くの人が色紙を持って回っていました。この辺りも正月休みはもう少し長いようです。ブルーボトルのほうへ抜けて、抹茶ジェラートが食べられなかった代わりに、ブリジェラに行きました。


以前は警備員さんがいて行列を整理するくらいだったのに、今回はすぐに入れそう。自転車置場に自転車を置いていたら団体さんに前に入られたけど、すぐに入れました。


ブリオッシュという熱々のパンに、選んだジェラートを挟んでもらうんです。Sだと小さいけど250円とお買い得。ちょっと食べたい時にはこれで十分です。

ブルーボトルも既に外に並ぶほどではありませんでした。少し静かになったかな。

今日立ち寄った場所は以下のとおり。

2016年1月4日

[自転車]走り初め、登り初め (箱根)

職場は毎年(曜日関係なく)1月5日までお休みです。昨年は4日が日曜日だったので、走り初めイベントなんてものがありましたが、今年は月曜日。今年は走り初めイベントをこの日に開催してくれるわけではないので、一人で行ってきました。通勤するより早い東海道線に乗って箱根へ。

湯河原駅で輪行を解き、いつものように椿ラインを登ります。昨年1月4日は寒い日でした。元日に降った雪が残り、路面の凍結も心配でした。しかし今年の1月4日は明らかに違います。下界の最高気温予報は18度。梅どころか、桜が春と勘違いしそうな気温です。真冬用のアソスのビブタイツを用意していましたが、明らかにオーバースペックなので、秋用のSugoiのタイツに変更。下りで寒いと嫌なので、念のためRaphaのニーウォーマーを持って出てきました。案の定暑くなって、ちょうど中間地点くらいの「しとどの窟」のバス停のところでネックウォーマーを外しました。ジャケットの前なんて全開です。1月とは思えない気温です。12月末にFestive500をやっていたとき、非常に北風が強くて寒い日が何日かありましたが、あの時平地を走っていたときよりも気温が高い。いつもなら鼻水がズルズルと出てくるのに、今日は快適です。標高が上がるにつれて、冷たいそよ風が顔にあたり、むしろ気持ち良いくらいです。

椿ラインはそれほど厳しいルートではないのですが、最後の最後、少しきつい坂があります。そこから見えた景色が最高。伊豆の山ですね。


ここを超えるとあと少し。大観山のレストハウスに到着です。富士山のビューポイントのひとつですが、今日は特に綺麗です。


富士山の左側に雪をかぶった白い稜線が見えています。南アルプスだそうです。更に南に目をやると、雲海が出ていてとても綺麗でした。


それにしても、今年の富士山は雪が少ないですね。12月に一度「ああ、大分白い範囲が大きくなったなー」と思ったのですが、この何日かの異常な高温と天気のために溶けてしまったようです。ここ数年、逆に異常な積雪で大変な目に遭うこともありましたから、たまにはこんな年があっても良いですか。何かの埋め合わせのように2月の受験シーズンにどさっと雪が降ったりしないと良いのですが。

さて、椿ラインを芦ノ湖まで下りると、正面にこんなものが見えてきました。


今まで見たこと無いと思うのと、Googleのストリートビューでもここには往路ゴールの石碑が立っているだけなので、恐らくまだ片付けてないだけでしょう。いつまであるかわかりませんが、お早めに?今年も箱根駅伝面白かったです。年々トップクラスの大学数校と、その他の大学の差が開いているのが残念ですが、それでもやっぱり見てしまいます。何より、箱根駅伝のおかげ?で、箱根駅伝ルートは比較的自転車で走りやすいのがありがたいです。

ここから箱根駅伝を反芻しつつ、国道1号で下ることにしました。ところが、芦ノ湖沿いでまず渋滞が発生していました。原因は元箱根の交差点です。国道方向ではなく、直進する方向が混雑していました。ここからは逆方向(芦ノ湖へ向かう方向)が渋滞。元箱根の交差点がボトルネックなのでしょうね。宮ノ下の渡邊ベーカリーで早めのお昼。お昼時には行列するというお店だそうですが、お昼には少し早かったし、さすがに月曜日で行列にはなっていませんでした。お店の前に手水鉢があり、温泉が注がれています。下っているときはやはり寒かったので、温かくて気持ち良いです。ちょうど満席だったのですが、そこで手を洗っていると「席が用意できましたので、どうぞ」と言われました。


ビーフシチューパン、ドリンク付き。パンが思っていたよりもさくさくで、とても美味しかったです。もう少し食べたい場合は、お店のパンを買うのもOKみたいですよ。

更に下って行くと、やはり大平台を過ぎたあたりから渋滞です。湯本を過ぎると空いているのですが何故なのでしょうね。三枚橋で右折して、最後は天山でお風呂です。

小田原駅への途中で柳屋ベーカリーによりましたが、前回より早い時間(13:00頃)にも関わらず、やはり選択肢はほとんどありませんでした。朝行かないとだめだなー。そして、今回はいつもの小田原駅内のお土産屋ではなく、ますやの本店で塩辛を購入。他にもいくつかバリエーションがあって目移りしちゃいましたが、いつもの大瓶の普通の塩辛を購入しました。この塩辛、我が家は2人とも大好きです。一度知人に教えてもらってから、いつも小田原に来ると買ってしまいます。

今日は53km。獲得標高は1300m。また今年も距離も標高も伸ばしていきたいです。

本日のルート

2016年1月1日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。


今年もまずは目標5000km/yから。西にも行ってみたいです。