2010年5月7日

[movie]オーケストラ!

原題: La Concert
監督: ラデュ・ミヘイレアニュ
出演: アレクセイ・グシュコフ/メラニー・ロラン/フランソワ・ベルレアン/ミュウ=ミュウほか
2009年/フランス/124分/カラー

ロシアのボリショイ交響楽団のマエストロとして名を馳せたアンドレイは、今は楽団の劇場清掃員として働いている。ある日、彼は団長の部屋へパリの劇場からの公演依頼を見て、そのFAXを隠す。かつての仲間たちを集め、自分たちがボリショイ楽団と名乗ってパリへ行こうというのだ。しかし彼には他にも密かな想いがあった。


まったくひねりのない、ストレートな映画。いい意味でそれがラストのチャイコフスキーの感動につながる感じです。たぶん一度は聞いたことがあるだろう「ヴァイオリン協奏曲」が、ここまで劇的で、これぞ映画だ!と思える作品に聞こえたのはこれが初めてかも。共産党ネタのジョークとか、ロシア人の自虐ネタとか、あまり見ない笑いどころもなかなか面白かったです。

シネスイッチ銀座は、金曜日が900円のサービスデーなんですが、めちゃめちゃ混んでました。というか、単館系も含めてほとんどの映画館が座席指定になったこのご時世に、立ち見になるまで人を入れているのを久しぶりに見ました。まあ普段こんなに入ることもなくて、座席指定用システムの導入にはお金がかかりすぎるということなんでしょうけれども、ちょっと厳しいですよね。たまたま今日はチャイコフスキーの誕生日だったからでしょうか(たぶん違う)。立ち見になってまで見る必要はないと思いますが、「泣ける」というのではなく、ストレートな感動を欲している方におすすめ。

0 件のコメント:

コメントを投稿