2019年1月6日

[自転車]日食ライド

2019年は日本全国で1年に2度部分日食が見られる珍しい年だそうですが、その1回目が1月6日の午前中。8時40分頃から始まって、10時過ぎに最大食になる部分日食です。お天気予報はあまり良くなかったのですが、朝晴れていたので葛西臨海公園まで日食を見つつライド。

今年は年末暖かい日が続いていたからか、既に葛西臨海公園の水仙は結構咲いています。


そして、オリンピックまであと1年半、カヌースラローム会場の工事も着々と進んでました。思っていたよりも大規模な会場です。


木をやたらと狙っているおじさんたちがいたので、何かいるんですか?と聞いたらキクイタダキという日本で最も小さい鳥なんだそう。ピーピーと鳴きながら緑っぽい鳥が木の枝の間を飛び回っているのが見えましたが、あれかしら。


海の方に出て、日食を眺めてました。ちょうど上を向いたパックマンのような感じになるまで欠けました。


2012年の金環食のときに買った日食グラスが意外と役に立ってます。次の日食はやはり部分日食ですが年末12月26日。全国で見えるようですが、南のほうがより欠け方が大きいそう(インドの南やシンガポールあたりでは金環食)。日没帯食だそうなので欠けたまま日が沈むことになりますが、見えるといいですね。


2019年1月4日

[自転車]登り初め、あるいは富士山おみくじ

例年1月4日に登り初めに箱根に行くのですが、去年はサボってしまいました。今年はちゃんと行ってきましたよ。1月4日にしている理由は、多くの人が仕事初め、駅伝が終わって箱根が空くから、というのが理由なのですが、今年は金曜日。もちろん仕事初めの人もたくさんいて、下りの東海道線から見る駅は大混雑してましたが、休みの人も多いのでしょう。箱根はあまり空いていませんでした。が、それはまた別の話。

湯河原まで輪行し、椿ラインから芦ノ湖へ登りました。今年は風もなく、気温もそれほど低くもなくて、快適です。さすがに朝8時から椿ラインを登る自動車はほとんどなく、ほぼ貸し切りの道路をえっちらおっちら登っていきました。

まだ紅葉の残る椿ライン


相模湾がきれいです

すすきの穂に光があたってきれいでした。
椿ラインは登り切るまで富士山を見ることができません。私は結構この富士山が現れるのを楽しみにしています。というのも、いくら下界が晴れていても、また小田原あたりからきれいに富士山が見えていても、ここから富士山が完全に見えるとは限らないからです。まるでおみくじみたいだなーと思うのですが、さて今日の富士山は...


わずかに頂上が見えるので、小吉くらい?(笑) 少し降りた天閣台ではもう少し頂上が見えました。


降りたところには、いつものように箱根駅伝の往路ゴール・復路スタートの柱がまだ残っています。


富士山おみくじ、皆さんもいかがですか?
#来年は1月4日が土曜日なんですよね...どうしよう。

本日のルート。最後は天山でマッサージまで受けて年末年始の疲れを癒やしました。


2018年12月31日

2018年を振り返って

「平成最後」という言葉がバスワード化し、陳腐化している気さえするる今日この頃ですが、平成最後の年の瀬を迎え、今年1年を振り返る(自己満足の)エントリです。今年は個人的にいろんな意味で節目でもあったのですが、その節目を迎えたことで、惰性で続けてた生活の様々を見直し、断捨離的なことをしました。

・財布を小さくしました。
個人的には結構大きな出来事です。財布を選ぶときに店員さんに「カードが一番多く入るのどれ?」と聞いて買ったこともあるくらい、基本長財布、かつカードがたくさん入る大き目のものが財布選択の条件だったのですが、やめました。もともと現金はほとんど持ち歩いておらず、問題はカードでした。クレカが7枚、銀行カードが5枚、さらに様々なポイントカードが入っていたのを思い切って集約しました。ポイントカードは最近ほとんどスマホに入れられるので、アプリに切り替え。それ以外は全て捨てました。クレカはポイント還元率と利用頻度などを考えて整理し、持ち歩くのは2枚、その他はApple Payに登録するか、解約しました。財布はサイクルジャージの背中のポケットに入る大きさも考えて、土屋鞄のディアリオハンディLファスナーを買いました。クロスボディのミニバッグにも入るので便利です。

・スカパーやめました。
もう15年以上契約していたスカパーを解約しました。HuluやAmazon Primeなどと比べて、配信が遅い割に高いというのが最大の理由です。いつでも見られる動画配信サービスに対し、いちいち録画しておかなければならないスカパーは不利でした。一方で動画配信サービスはログインが必要なために旦那と共有できないのが不利でしたが、代わりにApple TVを購入しました。季節ごとにDAZNあたりも契約しようかなとか思ってますし、最近Netflixのオリジナル映画が面白そうなので、それも気になってます。

・紙の手帳やめました。
「すごくデジタルな人なのに、手帳は紙なのね」とよく言われてた私ですが、本当にやめました。予定管理は職場の中でもGoogle Calendarになったこともあり、そこに一本化。ToDoなどはEvernoteを活用することにしました。EvernoteはApple Sciptと親和性が高いので、スクリプトを書いて1年分の週間ノートを自動生成、別途自動生成させた月間カレンダーとリンクをすることで、ほぼ紙の手帳と同じことができるようになりました。紙よりも修正や入れ替えが簡単だし、職場、自宅のMac、iPad Pro、iPhoneとすべて自動で同期できる上に検索も可能なため、予定を手帳にだけ書いてて入力忘れてたとか、どこに書いたかわからなくなったなんてこともなく、とても便利です。出先での入力に問題があったのですが、iPad ProにSmart Keyboardをつけることで解決。iPad Proがまた良くて、会議の配布資料にはすべてGood NoteでApple Pen(これがまた秀逸)を使って書き込み、それを自動同期するようにしているので、あのときのメモどこだったっけ?ということもなくなりました。メモもGood NoteかEvernoteで取ってます。そうすると、Evernoteが自動で業務日誌にもなって便利です。ChromeやiPhoneの拡張でEvernoteにクリップできる機能も便利で、これから見る映画や気になった本などをクリップしています。

■今年撮った写真4枚で1年を振り返ります。

八幡平樹海ライン・アスピーテラインの雪の回廊は2年越しのリベンジ。夏に4年ぶりの海外旅行に行きました。いろいろあった豊洲市場が10月11日にようやくオープン。有楽町・日比谷地区らしい昭和の香りを残す名店、慶楽が年末で閉店しました。昭和は遠くになりにけりですね。

八幡平アスピーテラインの雪の回廊

楽園モルディブでの休暇
豊洲市場オープン
平成の終わり(慶楽閉店)

■2018年の映画
今年見た映画を見返すと、『グレイテスト・ショーマン』も『キングスマン:ゴールデンサークル』も、久しぶりの『ミッション・インポッシブル』も今年かーと思いました。1年あっという間と思っていても、やっぱり長いですね。今年映画界最大の話題は『カメラを止めるな』だったと思いますが(私もあの笑いは大好き)、個人的なお気に入りという意味では『君の名前で僕を呼んで』だなーと思います。あの美しさは本当によかった。続編ができるとか聞いているのですが、あの世界観を壊さないことを祈ります。久しぶりに東京国際映画祭に参戦したのですが、イスラエル映画『テルアビブ・オン・ファイア』が最高。エルサレムの壁は本当に高く、様々な映画で題材になっていますが、それを笑いに昇華したところが良かった。このところミュージカルが勢いを盛り返しているらしく、大作が毎年のようにかかりますが、『グレイテスト・ショーマン』は好き。超王道、元気にしてくれるミュージカル映画でした。私の中で最強のミュージカル映画は『サウンド・オブ・ミュージック』ですが、"Climb Every Mountain"を聞くと気分が上がるのと同様、”This Is Me"は名曲だと思います。

来年は2010年代の最終年であるとともに平成最後の年です。改元、即位の礼、ラグビーワールドカップ開催と日本全体にとってもイベント盛りだくさんの1年になりそうですが、個人的には(毎年言ってますが)もう少し自転車乗ろうと思ってます。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。