2018年12月31日

2018年を振り返って

「平成最後」という言葉がバスワード化し、陳腐化している気さえするる今日この頃ですが、平成最後の年の瀬を迎え、今年1年を振り返る(自己満足の)エントリです。今年は個人的にいろんな意味で節目でもあったのですが、その節目を迎えたことで、惰性で続けてた生活の様々を見直し、断捨離的なことをしました。

・財布を小さくしました。
個人的には結構大きな出来事です。財布を選ぶときに店員さんに「カードが一番多く入るのどれ?」と聞いて買ったこともあるくらい、基本長財布、かつカードがたくさん入る大き目のものが財布選択の条件だったのですが、やめました。もともと現金はほとんど持ち歩いておらず、問題はカードでした。クレカが7枚、銀行カードが5枚、さらに様々なポイントカードが入っていたのを思い切って集約しました。ポイントカードは最近ほとんどスマホに入れられるので、アプリに切り替え。それ以外は全て捨てました。クレカはポイント還元率と利用頻度などを考えて整理し、持ち歩くのは2枚、その他はApple Payに登録するか、解約しました。財布はサイクルジャージの背中のポケットに入る大きさも考えて、土屋鞄のディアリオハンディLファスナーを買いました。クロスボディのミニバッグにも入るので便利です。

・スカパーやめました。
もう15年以上契約していたスカパーを解約しました。HuluやAmazon Primeなどと比べて、配信が遅い割に高いというのが最大の理由です。いつでも見られる動画配信サービスに対し、いちいち録画しておかなければならないスカパーは不利でした。一方で動画配信サービスはログインが必要なために旦那と共有できないのが不利でしたが、代わりにApple TVを購入しました。季節ごとにDAZNあたりも契約しようかなとか思ってますし、最近Netflixのオリジナル映画が面白そうなので、それも気になってます。

・紙の手帳やめました。
「すごくデジタルな人なのに、手帳は紙なのね」とよく言われてた私ですが、本当にやめました。予定管理は職場の中でもGoogle Calendarになったこともあり、そこに一本化。ToDoなどはEvernoteを活用することにしました。EvernoteはApple Sciptと親和性が高いので、スクリプトを書いて1年分の週間ノートを自動生成、別途自動生成させた月間カレンダーとリンクをすることで、ほぼ紙の手帳と同じことができるようになりました。紙よりも修正や入れ替えが簡単だし、職場、自宅のMac、iPad Pro、iPhoneとすべて自動で同期できる上に検索も可能なため、予定を手帳にだけ書いてて入力忘れてたとか、どこに書いたかわからなくなったなんてこともなく、とても便利です。出先での入力に問題があったのですが、iPad ProにSmart Keyboardをつけることで解決。iPad Proがまた良くて、会議の配布資料にはすべてGood NoteでApple Pen(これがまた秀逸)を使って書き込み、それを自動同期するようにしているので、あのときのメモどこだったっけ?ということもなくなりました。メモもGood NoteかEvernoteで取ってます。そうすると、Evernoteが自動で業務日誌にもなって便利です。ChromeやiPhoneの拡張でEvernoteにクリップできる機能も便利で、これから見る映画や気になった本などをクリップしています。

■今年撮った写真4枚で1年を振り返ります。

八幡平樹海ライン・アスピーテラインの雪の回廊は2年越しのリベンジ。夏に4年ぶりの海外旅行に行きました。いろいろあった豊洲市場が10月11日にようやくオープン。有楽町・日比谷地区らしい昭和の香りを残す名店、慶楽が年末で閉店しました。昭和は遠くになりにけりですね。

八幡平アスピーテラインの雪の回廊

楽園モルディブでの休暇
豊洲市場オープン
平成の終わり(慶楽閉店)

■2018年の映画
今年見た映画を見返すと、『グレイテスト・ショーマン』も『キングスマン:ゴールデンサークル』も、久しぶりの『ミッション・インポッシブル』も今年かーと思いました。1年あっという間と思っていても、やっぱり長いですね。今年映画界最大の話題は『カメラを止めるな』だったと思いますが(私もあの笑いは大好き)、個人的なお気に入りという意味では『君の名前で僕を呼んで』だなーと思います。あの美しさは本当によかった。続編ができるとか聞いているのですが、あの世界観を壊さないことを祈ります。久しぶりに東京国際映画祭に参戦したのですが、イスラエル映画『テルアビブ・オン・ファイア』が最高。エルサレムの壁は本当に高く、様々な映画で題材になっていますが、それを笑いに昇華したところが良かった。このところミュージカルが勢いを盛り返しているらしく、大作が毎年のようにかかりますが、『グレイテスト・ショーマン』は好き。超王道、元気にしてくれるミュージカル映画でした。私の中で最強のミュージカル映画は『サウンド・オブ・ミュージック』ですが、"Climb Every Mountain"を聞くと気分が上がるのと同様、”This Is Me"は名曲だと思います。

来年は2010年代の最終年であるとともに平成最後の年です。改元、即位の礼、ラグビーワールドカップ開催と日本全体にとってもイベント盛りだくさんの1年になりそうですが、個人的には(毎年言ってますが)もう少し自転車乗ろうと思ってます。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。

2018年12月30日

2018年 Festive500

12月24日から大晦日まで、8日間で500kmを(自転車で)走るFestive500の季節が今年もやってきました。今年、本当に走れてなくて500km走れるのか心もとなかったのですが、なんとか走りきりました。

12月24日 132km
印旛沼のうなぎ屋、かどかわまで。毎年Festive500の開始日(個人的な初日で、必ずしも24日ではない)におじゃましているのですが、年々うな重の値段が上がってます。とうとう3000円になってしまいました。


12月25日〜27日 合計69km
出勤日。毎日4時半起きで皇居を一周してました。朝の晴海通りは空いています。豊洲市場をひやかしてみたりもしました。開場後、実際に開市日に行ったのは初めてで、朝5時過ぎという時間帯にも関わらず、たくさんの(働く)人がいました。


25日の朝乗ってみてシフトがどうしても決まらないので、仕事の後に自転車屋さんへ持っていきました。25日の晴海通りは片側3車線に車がびっしりで、そこへバスが斜めに走り、その間をスクーターや自転車がぬって行くというカオス状態。でも六本木のけやき通りは案外混んでいませんでした。



12月28日 122km
箱根駅伝まであと5日。北風に乗って東京から箱根まで、いつもの箱根駅伝ルートを走りました(ただし戸塚中継所前に自転車通行不可のバイパスがあるので、そこだけ迂回、しかしその迂回路に大坂という激坂があって辛い)。大磯手前あたりで日テレの試走車に出会いました。2日間往復200kmという長い舞台(しかも天候に左右される屋外)で台本なし生中継の長時間コンテンツを作るのは相当大変だと思うのですが、毎年全ルート試走してるのでしょうか。大磯のローソン、ロードサイドのラーメン店、いつもどおり温泉に入った天山、そしてかまぼこの里にまでロードバイクスタンドがあって、やっぱりこのルートは自転車多いんだなと思いました。お天気は良いという予報でしたが、箱根方面は午前中結構雲が(おそらく雪雲)かかっていました。


小田原-東京間は輪行し、その後再びお台場をグルっと回ってきました。レインボーブリッジは年末年始はレインボーカラーにライトアップ。


12月29日 134km
江戸川を北上し、喜八堂でおしるこ、野田のゆでたて家でうどん。最近は年明けうどんなんていう風習を頑張って流行らせようとしているようですが、私はそばを食べないので、年末にうどんを食べます。この日は1日横からの風にさらされて、かなり足削られました。


12月30日 52km
残り40kmくらいなので、岩淵水門まで。向かい風が強くなる前にと、日の出とともに出かけ、なんとか走りきりました。自転車屋にメンテナンスをお願いして、Festive500終了。


来年は最後の週だけ500km走るとかいう無茶にならないよう、月400km位コンスタントに走れるように計画したいです。

2018年12月8日

お台場レインボー花火2018


今年も12月毎週土曜日に、お台場レインボー花火が開催されています。先週仕事で見られなかったので、また2週目から。15日、22日、29日のあと3回開かれます。ぐるり公園や、豊洲市場の屋上庭園、豊洲大橋あたりからよく見えるのではと思います。この花火が始まると、年末感が盛り上がってきますね。


日比谷公園お散歩&慶楽


日比谷公園へお散歩。今年は台風の影響やいつまでも暑い気候などが災いして、葉がそもそも残っていない木も多かったので、なんとなく紅葉狩りの気分にならずにいたのですが、いよいよ冬本番になりそうなので最後の紅葉を見に近場へ行ってきました。


あまり期待してなかったのですが、今年はモミジが綺麗な赤になっています。突然寒くなったあと、そこそこ日差しもあったのがよかったのでしょうか。銀杏は残念ながらもう落葉で、逆に黄金の絨毯になっていました。


日比谷パレスも黄色い銀杏の葉で覆われていました。


今日は試験だった旦那と待ち合わせて、12月28日で閉店する有楽町の広東料理店「慶楽」でお昼を食べました。古くからある、有楽町らしい昭和感あふれる中華料理屋なのですが、土曜日も開店してて、いつでも空いてるという意味で、他(例えばひつじや)がいっぱいで入れないときによく旦那と来てたのですが、残念です。そう思う人が多いのか、珍しく行列できてました。