2019年1月6日

[自転車]日食ライド

2019年は日本全国で1年に2度部分日食が見られる珍しい年だそうですが、その1回目が1月6日の午前中。8時40分頃から始まって、10時過ぎに最大食になる部分日食です。お天気予報はあまり良くなかったのですが、朝晴れていたので葛西臨海公園まで日食を見つつライド。

今年は年末暖かい日が続いていたからか、既に葛西臨海公園の水仙は結構咲いています。


そして、オリンピックまであと1年半、カヌースラローム会場の工事も着々と進んでました。思っていたよりも大規模な会場です。


木をやたらと狙っているおじさんたちがいたので、何かいるんですか?と聞いたらキクイタダキという日本で最も小さい鳥なんだそう。ピーピーと鳴きながら緑っぽい鳥が木の枝の間を飛び回っているのが見えましたが、あれかしら。


海の方に出て、日食を眺めてました。ちょうど上を向いたパックマンのような感じになるまで欠けました。


2012年の金環食のときに買った日食グラスが意外と役に立ってます。次の日食はやはり部分日食ですが年末12月26日。全国で見えるようですが、南のほうがより欠け方が大きいそう(インドの南やシンガポールあたりでは金環食)。日没帯食だそうなので欠けたまま日が沈むことになりますが、見えるといいですね。


2019年1月4日

[自転車]登り初め、あるいは富士山おみくじ

例年1月4日に登り初めに箱根に行くのですが、去年はサボってしまいました。今年はちゃんと行ってきましたよ。1月4日にしている理由は、多くの人が仕事初め、駅伝が終わって箱根が空くから、というのが理由なのですが、今年は金曜日。もちろん仕事初めの人もたくさんいて、下りの東海道線から見る駅は大混雑してましたが、休みの人も多いのでしょう。箱根はあまり空いていませんでした。が、それはまた別の話。

湯河原まで輪行し、椿ラインから芦ノ湖へ登りました。今年は風もなく、気温もそれほど低くもなくて、快適です。さすがに朝8時から椿ラインを登る自動車はほとんどなく、ほぼ貸し切りの道路をえっちらおっちら登っていきました。

まだ紅葉の残る椿ライン


相模湾がきれいです

すすきの穂に光があたってきれいでした。
椿ラインは登り切るまで富士山を見ることができません。私は結構この富士山が現れるのを楽しみにしています。というのも、いくら下界が晴れていても、また小田原あたりからきれいに富士山が見えていても、ここから富士山が完全に見えるとは限らないからです。まるでおみくじみたいだなーと思うのですが、さて今日の富士山は...


わずかに頂上が見えるので、小吉くらい?(笑) 少し降りた天閣台ではもう少し頂上が見えました。


降りたところには、いつものように箱根駅伝の往路ゴール・復路スタートの柱がまだ残っています。


富士山おみくじ、皆さんもいかがですか?
#来年は1月4日が土曜日なんですよね...どうしよう。

本日のルート。最後は天山でマッサージまで受けて年末年始の疲れを癒やしました。