2013年9月16日

旧万世橋駅

旧万世橋駅、あるいは旧交通博物館を改装して作ったmAAch ecute 神田万世橋 に行ってみました。



上を走るのは中央線。高架下部分を細かく分けて店舗を入れた感じ。店舗の雰囲気は、赤レンガ倉庫っぽいなーと思いました。


1912階段。1912年の駅開業時に作られた階段だそう。今は線路を見られる展望台(旧プラットフォーム)に繋がっています。


展望台には、電車がよく見えるカフェが併設されています。ただ、中央線の神田-御茶ノ水間は、それほど珍しい電車って走らないですよね。普通の中央線と、1日数本しかない「かいじ」ぐらい?でもカフェは混んでました。




展望台を通り抜けると、1935階段。鉄道博物館(のちの交通博物館)が作られた時に設置されたそうです。まーどこにでもある国鉄の階段な気はします。小淵沢駅とか、韮崎駅とか、こんな感じの階段だったなーと思いました。


1912階段の隣に、コーヒーショップがありました。アイスコーヒーをいただいたのですが、美味しかったです。1杯1杯丁寧に淹れてくれるのですが、それだけにちょっと時間かかりました。

お店は客の入りを見ながら徐々に入れ替わったりするのでしょう。場所的にオシャレなカフェよりもガッツリ飯とか、居酒屋のほうが受けそうな気もしました。

そして、ざっと見た感じ自転車置場はありませんでした。万世橋側の入り口に有料バイク置き場がありましたが、自転車は止めちゃだめですよね。そのせいか、万世橋の歩道に自転車がちらほら置いてありました。

そうそう、鉄つながりで。15日に名古屋から東京まで東海道新幹線に乗ったら、N700Aでした!実際に乗った感じは「本当にマイナーチェンジだなー」と思いましたが・・・。



0 件のコメント:

コメントを投稿