2016年12月17日

[自転車]オリンピック・パラリンピック会場巡り

小池知事が誕生し、この半年いろいろとありました。最も振り回されたのが我が江東区だと思ってますが、何か恨みでもあるんですかね。振り回されたひとつがオリンピック会場。いろいろありましたが、結局のところ当初の予定通り決まったようなので、夕方近所の施設建設予定地をぐるっと一周してきました。

振り回された会場のひとつ、オリンピックアクアティクスセンター。東京辰巳国際水泳競技場のすぐ隣の辰巳の森海浜公園内に建設中です。



運河を挟んで隣にある夢の島公園内には、アーチェリー会場が新設されます。既にアーチェリー競技施設があるので、それを改修するのかしら。


そこから国際放送センター、メインプレイスセンターとなるビックサイトは海沿いの道路をまっすぐ行ってすぐ。


ビックサイトの前を直進すると、突き当りが潮風公園です。ここではビーチバレーが行われる予定。


潮風公園前を右折、道なりに行くと、お台場海浜公園。こちらではトライアスロンと10km水泳が行われます。個人的には泳ぐのは少し遠慮したい海ですが、あと3年でどれだけ綺麗になるか。


そこからのぞみ橋を渡って少し行くと、有明テニスの森公園。テニス、車椅子テニスの会場です。


ゆりかもめ有明テニスの森駅の隣には、BMXの会場となる空き地。残念ながらベロドロームは作られないことになりましたが、BMXはここに仮設のコースが建設されて開催されます。個人的にも楽しみにしている競技のひとつ。


ゆりかもめを挟んで隣のブロックが、有明体操競技場(仮設)の建設される土地。ここでは体操と、ボッチャが開催されます。男子の体操は人気そうなので見るのが大変そうですが、新体操は見てみたいなー。あのリボンを一人が全員に飛ばすやつ生で見てみたい。あとボッチャもリオで初めて知ったのですが、面白そうですよね。


さらに首都高晴海線を挟んで隣が最後まで揉めた有明アリーナの建設予定地。新市場と運河を挟んで隣接し、晴海にできる選手村からも最も近い競技場です。無事決まってよかったです。ここではバレーボール、車椅子バレーボールが開催されます。


オリンピック会場ではありませんが、晴海大橋のたもとにはバリアフリーのランニング施設、「Brilliaランニングスタジアム」がオープンしました。本当はここから簡単に市場周りをぐるっと巡っている歩道公園「ぐるり」ができる予定でしたが(いや、公園自体はほぼ出来ているのですが)、移転のゴタゴタで延期になっています。市場に関してもう大きな工事する必要はないってことだし公園だけでも開けていいんじゃない?って思うんですが。奥には新しい劇場「IHIステージアラウンド東京」が建設中。


晴海大橋は湾岸エリアでも屈指のビュースポット。特に西側に都心と海が開けているので日没時は綺麗です。中央に見えているのは豊洲大橋です。環状2号の一部となる橋ですが、築地が移転しないことには都心部とは繋がらないので、2008年に架橋が完了して以来、放置されています。いよいよオリンピック会場施設の建設が本格化することになって、交通量の分散のために開通するかどうか議論になっているとか。早く通れるようになるといいなあ。


晴海大橋を渡り、左折して突き当りが晴海に建設される選手村。毎月のようにふ頭にアクセスする道路が変わっていて、日が落ちて暗くなってきてしまっていたので少し怖かったです。ちょうどにっぽん丸が入港していたのですが、17:00に出港。見送ってきました。


ここからの東京の眺めは最高です。オリンピック・パラリンピックに出場する選手も、海と東京の夜景を楽しんでもらえればと思います。


ぐるっと回っても20km。自転車でアクセスするのにちょうどよい距離なんですよね。選手村は駅からは遠いので(BRT構想が出てますが)、周りは自転車で走りやすい道路にしてもらえるといいなあ。特に木場側の湾岸地域は、トラックが多い上に路駐も多くて、お世辞にも自転車で走りやすいとは言いにくい環境なので、整備してもらえると嬉しいです。願わくば、荒川河口橋に自転車レーンが出来ると最強です(歩道じゃなくてね)。

とりあえず、今日まわった場所を地図に入れておきました。徐々に追加されるかも。



0 件のコメント:

コメントを投稿