2008年4月4日

Re-bornはじまりの一歩 / 伊坂幸太郎ほか

Re-born はじまりの一歩

Re-born はじまりの一歩

著者: 伊坂 幸太郎、瀬尾まいこ、豊島ミホ、中島京子、平山瑞穂、福田栄一、宮下奈都
出版者: 実業之日本社

発売日: 2008-03-19




次への第一歩をテーマにしたアンソロジー。普段こういう本ってあまり読まないのですが、伊坂に瀬尾に平山、福田と来たら買おうかな〜と思ったのでした。実際、作風はそれぞれ異なるものの、さすが新進気鋭の作家さんたちが集っただけあって、どれもこれも読み応えのある作品でした。こうして並べると、ラストを飾る伊坂の作風はやっぱり異色な感じ。いや、作風ではなくて登場人物がでしょうか。どこかとぼけていて、それでいて強さを感じさせる登場人物には、いつもながら感心させられます。ちょっと違う書き方をしてしまうと、単なる変な人だったり、間違っちゃった人だったり、ただの抜け作になっちゃうようなところを、微妙なところで面白い(興味深いという意味で)人物に仕上げ、それを上手く作品の中で動かしていることが、伊坂作品の魅力なのではないかと改めて思いました。

2,3人好きな作家のいる方には是非おすすめ。今まで読んだことのない作家さんのも読んでみたくなりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿