2017年10月8日

[自転車]荒川のコスモス巡り

連休中日はお天気がよくなったので、荒川の上流のほうから花を見ながら下ってきました。

出発は吹上駅。この日、東海道線内の異音検知で電車が遅れ、思っていたよりも15分遅い出発です。


荒川方向に行くと、すぐに見えるのが鴻巣市のコスモス畑。今満開になっているのは、中央部分のピコティという品種だそうです。十六夜の月が水道管橋の上にかすかに白く見えました。


満開なのは、ここだけ。これでも十分広いんですが、この10倍ぐらいのコスモス畑が広がっています。全体が咲いたら、さぞ壮観でしょう。ただ、人も沢山でしょうから、案外今のほうが良いかも?


ここからひたすら荒川サイクリングロードを河口へと下っていきます。高崎線で東京から吹上まで約1時間かかりますが、その距離と変わらない(いや、もっと長い)サイクリングロード、すごいです。

久々に川幅日本一のポールを見ました。実際は普段2.5kmの幅全体に水が流れてるわけではないですが、とにかく日本一は偉いんです。


このポールのある橋でサイクリングロードを下りて、少し一般道を行くとあるのが吉見町のコスモス畑。


こちらは満開。



再び荒川に戻って、サイクリングロードを行きます。さくら堤公園も久しぶり。またさくらの時期に来たいな。


入間大橋で今度は左岸側に下りて、大宮花の丘農林公苑へ。ここはサルビア満開でした。



あちこちに、この植木鉢を使った人形みたいなのがいるんですが、何か意味があるのでしょうか。


少し高いところにある四阿へ登る道に、コキアが植えられていました。こちらも赤くなりつつあります。


少し一般道を行って、国道16号のところで荒川へ戻ります。VIAのアップルパイで補給して、再びサイクリングロードへ。羽根倉橋で今度は右岸側へ下り、新河岸川へ。


地元の町会と商店会が植えているというコスモス18万本が道の両側に咲いているのです。せいぜい数十mだろうと思っていたら、1km近くコスモスロードが続いていました。このコスモスロードは可愛らしくて素敵です。


新河岸川はサイクリングロードになっているので、そのまま行けるところまで行き、秋ヶ瀬橋で荒川に戻って後は家まで約40km一直線。案の定南風(=向かい風)になって、最後は本当にタラタラモードで帰ってきました。途中、戸田のあたりで広域運動会みたいなのが開かれていたり、岩淵水門の下のバーベキュー場が大盛況でその香りがきつかったり、千住新橋の先の広場で足立区民まつりが盛大に開催されていて、自転車を押し歩きしなければならなかったり、やっぱり3連休は何かとイベントも多く、人も多いですね。

ところで、なぜ埼玉県はあちこちでコスモスを大規模に植えているのでしょう。県の花はサクラソウだったので、県の花だからというわけでもなさそうですし...面白いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿