2007年3月5日

日本の秘匿事項、あるいは秘密の大学

図書館には『全国大学職員録』という資料があります。「図書館には」と言ったのは、ほぼ全国の図書館がこの資料を持っているだろうからです。この資料の最大の購買者は恐らく図書館だろうと思われます。内容は、その名の通り、全国の大学(国公立私立を含む)と、その類縁機関の教職員名簿です。大学に問い合わせするときや、大学所属の研究者を一覧するときなどに便利な資料です。

今ちょうど春に向け、学生に紹介する資料を整理していて、久々にこの資料をひっくり返していました。この資料には文科省管轄外の大学校も含まれるのですが、ぱらぱらとめくっていて、妙なページに行き当たったのです。他のページにはすべて教授とか助教授とか、各部署ごとの職員などの名前が一覧で出ているのに、そこだけ妙に黒い。よく見ると太字の学科名しかない。なんじゃこりゃ、アンケート拒否かと思って頭を見ると・・・

防衛大学校。

もしかして防衛大って勤めてることさえ秘匿事項なのでしょうか。何人くらい職員がいるかも機密事項なの?以前、防衛大の先生がたまたまカウンターに来て、「外の者なんですが、この資料ってどこにあるか教えて貰えますか?」と名刺を見せて貰ったのですが、その名刺は何か理由をつけて貰えなかったのを思い出しました。もしかして名刺さえ配っちゃだめとか?(多分違うと思うけど)

思わぬところで「機密」?を知ってしまった私でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿