2007年3月28日

使う側の問題、伝える側の問題

図書館にAEDが設置されるということで、今日たまたま防災パンフレットが回覧されました。へーAEDってすぐ使っちゃダメなのね(一応人工呼吸とかを先にするらしい)とか、こんな形の昇降機あったんだ!(絶対怖くて降りられない)とか、目新しいことがいくつもあったのですが、最大の新知識は、東海地震警戒宣言が出ると、サイレン45秒吹鳴、15秒休止が3回繰り返されるということ。そんなの初めて知りました。東海地震警戒宣言って多分現実的には出ないであろう宣言でしょうけれども、そんなの知ってる人いるのかなあ。

このところ大きな地震が立て続けに起きてますし、みんなが関心あるときに防災のパンフレットを配ったり、そういう情報を流したほうがよいのではと思ったのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿