2007年4月16日

Amazing Graceの歴史

Amazing Grace The Library of Congress Presents: Music, Theater and Dance

国会図書館のカレントアウェアネスより。米国議会図書館(LC)が、Amazing Graceコレクションの一部をデジタル化し、楽譜を見たり、音楽を聴いたりできるようにしています。結構いろいろあって面白いですよ。中にはかなり新しいものも含まれ、Amazing Graceがどんな風に編曲されていったのかがよく分かります。時代によって生まれた、あるいは好まれた音楽がどういうものなのかも、こうして聞くとわかりやすいですね。このAmazing Collectionは1曲に対するコレクションとしてはLCで最大、3000の録音資料の中には、故・本田美奈子さんのAmazing Graceも含まれてるそうです(残念ながら彼女のはオンラインで聞くことはできませんが)。

しかし1曲に対して、様々な人が様々な形で演奏した資料が3000を超えるってすごいですよね。日本だと何でしょうね。「あかとんぼ」ならかなり集まりそう?でも3000にはいかないかもしれないですね。これだけのコレクションが出来たのも、パブリックドメインの賜。無料で聴けるからと言って、その価値が落ちるわけではありません。多くの人の耳に入り、様々な形でアレンジされてこそ、音を楽しむってことなんじゃないかなぁ、と思うのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿