2007年6月26日

ファミ割MAXは確かにMAX

ファミ割MAX : ファミ割MAXとは? | 料金・割引 | NTTドコモ

割引って言っても、とにかくいろいろ条件がついて、しかも「そんなにケータイ使う奴どこにいるんだよ」と個人的には思っている今日この頃。しかし今回ドコモから発表された割引サービスは、「それは私も使える!」と思えるものでした。名前は

ファミ割★MAX。

ドコモのファミリー割引は、基本料25%引きの上に、それぞれの通話が30%引き、さらに無料通話分を2ヶ月後に分け合え、いちねん割も適用すれば最大50%引きという、家族で使えばかなりお得ですよ、なプランで私はかなり気に入ってるのですが、このファミ割MAXはさらに囲い込み度UP。

・「ファミ割MAX」ご契約回線の継続利用年数に、お申込み時の最長利用回線との継続利用年数の差分が加算されます

ただし、いちねん割引ではなく、ファミ割MAXのみとなり、

・「ファミ割MAX」の契約期間は2年間(24ヶ月)とし、お申込みいただいた翌月を1ヶ月目とします。

となるそうです。その契約期間内に解約しようとすると、違約金を取られます。単なるファミリー割引だと違約金は無いし、通常同時に申し込むいちねん割引の場合は1年契約なので、縛られる度はアップです。しかも最長利用回線が解約されると、別の回線が最長期間となって、割引率が悪くなる可能性があるので、全員抜けられないという呪縛にあうということでもあります。

が、みんなでドコモを使っていこうとするなら、結構イイかも。

我が家にはドコモ一筋9年目の人がいます。私はまだ3年目なのですが、これで一気にいちねん割23%+ファミ割25%引きが適用されるのです。これはイイ!さっそくGoogle Calendarに申し込み開始日をチェックしました。

申込日は注意が必要だそうです。例えば、申し込み日の翌月に最長利用回線の年限が上がると、プラスされる利用期間が短くなってしまう可能性があるとのこと。くわしくはこちら(Docomoサイト)

ただ、これを逆手にとることも可能なのかな。MAXの対象回線があと1ヶ月で利用年数が上がるとき、例えば2年12ヶ月(3年目)のときに申し込みをして、最長利用回線が8年2ヶ月(割引は9年目)だったとします。その差は6年。適用される翌月、MAX対象回線は4年目ですから、プラス6年で、最長利用回線よりも割引率の高い10年目の割引が適用されたりするのでしょうか。実は私の回線が秋にちょうど4年目に入るのです。うまくすれば、よりお得になったりするのかな。まあ損はしないので試してみます。

0 件のコメント:

コメントを投稿