2007年6月12日

Safari 3 パブリックベータ for Windows

アップル - Safari 3 パブリックベータ

WWDC2007のone more thingは、AppleのブラウザSafariのWindows版が出ることでした。そっち行くか〜と思いましたが、確かに今までのAppleのネックはとにかくすべての規格が独自で、ディスプレイやスピーカーは、見た目は良いのにWindowsにつなげないし、Macで使えるソフトウェアはWindowsで使えないから、あえてMacに乗り換えるイメージが沸かないっていうのもあったと思うのです。かつて私自身、Windowsに無理矢理Appleのディスプレイ繋ごうと思ったこともあったのですが、やたらと金がかかるので断念したのも良い思い出(笑)。ちなみに今のディスプレイはWindowsマシンでもつなげるらしいです。

で、今日のSafari for Windowsの発表。ただ私はMacでもFirefox使ってるんですよね。起動は明らかにSafariのほうが速いんですが、どうしても見られないサイトがある(しかもそのひとつがIPATだったという致命的な問題が)のと、Firefoxで使えるGoogle系のプラグインがSafari用には用意されていないこと、またそのGoogleが提供するAjax系サイトで使えないものがあったこと(今はNotebookもCalendarも使えるようですが)ので、乗り換えてしまったのです。逆にFirefoxで見られないサイトもあって、そういうのはSafariだとうまくいく場合があったりするので、どっちもDockには入っているんですけど。

スラッシュドットのコメントにもありますが、文字化けは相変わらずのようですね。最初のUniversal Binary版のSafariは、私も「英語のサイトを見るには問題ないけど、日本語サイトで使うには問題ありだなー」と思っていました。

最初Safariを使っていたとき、これは秀逸と思った機能は、RSSリーダー機能です。Windows版も同じ形なのかどうか知りませんが、どのRSSリーダー使おうかとあれこれ試されている方にはおすすめかも。

ただしまだベータ版ですし、何より別のOSで動いてたものを移植するんですからね。WindowsでもMacでも使えるソフトウェアはいろいろ使ってますが、やっぱり別物だなと思うのです(もちろんFirefoxも)。というわけで、ヒトバシラーを自認する方以外には現時点ではおすすめしませんが。

0 件のコメント:

コメントを投稿