2007年7月24日

セミの季節

大学の夏休みも近くなり、梅雨に入ってやや減っていた学生達も木陰でたむろっています。試験の期間です。たまたま外に出てみると、そんな彼らが思い思いに輪を作っている周りの木からはセミの鳴き声が聞こえてきました。夏って感じです。

何度か書いているのですが、私とセミはいろいろと確執があります。まだ夏も始まったばかりだというのに、早くもその天敵・セミとの戦いが始まりました。

今朝ベランダで洗濯物を干していると、なにやら黒っぽい影が横切りました。「あ!」と思ったときには窓ガラスにぶちあたるセミ。セミは勝手にパニックになってベランダのあちこちにぶつかって暴れています。その狭いベランダでセミにひっつかれないように私も逃げまどいました。しばらくビチバチやっていたセミも、最後にはようやく外がどっちだか分かったらしく、フラフラと外へと飛んでいきました。

冷や汗ものの洗濯物干しが終わり、出勤前にゴミを出そうと外に出ました。ゴミ置き場に向かうと、またしてもあの羽音。「うーまたおまえか!」と思って振り返ると、その視線の先にあった木には・・・。

にゃんこ。しかも大して太くもない木にしがみついている。。。。

振り返った私と目がばっちりあった猫は、「見つかっちったにゃー」とばかりにずりずりと降りて、そして消えていきました。あの羽音は、猫がセミ取りをしていたのかもしれません。

木にしがみついてる猫なんて初めて見たんですけど。あっけにとられて、数秒間固まっちゃったわ。

0 件のコメント:

コメントを投稿