2007年10月13日

有楽町散歩あるいは行列見物

今日は霞ヶ関から日比谷公園、有楽町の散歩。今日と明日、日比谷公園で「鉄道フェスティバル」が開かれているのです。PASMOのキャラクターグッズがいいなあと思っていたのですが、余裕ぶっこいて昼頃行ったら大行列。諦めました。フィギュアは「あれって自立できるの?」と思うような形でしたが、ストラップは結構かわいかったです。普段も駅売店とかで売れば良いのに。

他でもあちこちのブースで限定品が売られていたらしく、「最後尾」看板があちこちに立っていました。私が見た中で「さすが!」と思ったのが東京都交通局。車内や駅で実際に使われていたプラスチックプレートや、路線図が売られています。「○三田線→」とか書かれたプレートや、大きな路線図を抱えて歩く鉄道ファンの姿があちこちに見られました。「あれいーなー」と私は思ったのですが、相方の「どこに飾るんだ」という冷静な判断でこちらも断念。もうひとつ人気ブースだったのが、日本レストランエンタプライズ。駅弁を製作販売している会社です。あちこちの駅弁がずらりと並んでいましたが、お昼を回った時間だったせいもあって、80%に「売り切れ札」が下がっていました。明日は鉄道の日で、しかも鉄道博物館が開館します。恐らく鉄に染まった人たちは、「今日日比谷、明日はさいたま」という人も多いのではないでしょうか。日比谷のフェスティバルは明日のほうがねらい目かもしれませんよ(とはいえ、鉄分ゼロの人が見ても、この熱気は理解できないかも?)

そのまま日比谷公園をつっきって、次は昨日開店した有楽町イトシアへ。この界隈の昭和の香りが私は結構好きだったので(シネ・ラ・セットとかよく行ったんだけどな)、更地にされたときはショックでしたが、「あそこになんと丸井が来るんだってー」と聞いて、それはそれでビックリして、開店を楽しみにしていたのでした。

地下1階には国内2号店となる大人気のドーナツ店、「クリスピー・クリーム・ドーナツ」が入っているのですが、何よりその行列がすごい。あれに並ぶにはかなり気合いが必要そうです。しかも何時間も並んで買えるのは、超レアものグッズというわけでもなく、所詮ドーナツという不思議さ。うーん、私にはあれはよくわからないです。私が事前に店舗情報を見て気になっていたのは、焼き菓子が売りというガトーマスダ。特にアップルパイが美味しそうで、まずはこれが食べたいなーと思ってました。実際お店に行ってみると、本当に完熟りんごが美味しそう。そして、同じく焼き菓子の熟成ショコラケーキ(フルーツケーキ。1棹なんと1万500円)にも相方と共に目を奪われました。今度はあっちにしようと思いつつ、アップルパイを購入したところ、「今日は開店記念で、先着10名様にお土産を差し上げています」と小皿を貰いました。あのクリスピー・クリーム・ドーナツの大行列を見たばかりだったので、「先着10名」というのに、やや驚いた私です。帰ってきて、夕食後のデザートにいただきましたが、中央にドンと乗った赤ワイン煮のリンゴも、そしてシンプルに煮たリンゴも、リンゴの甘さそのもの。そしてパイ生地最高でした。本店は高島平にあるそうです。焼きたて食べてみたいなー。



一周してみたのですが、ちょうどガトーマスダの裏側にあるピンサリというお店では存在感のあるロールケーキ(あれはロールケーキなのか?気になる方は是非見てみて)を売っていました。あとは都内の有名カレー店のカレーが一度に食べられる東京カレー屋名店会は、少し空いたら行ってみたいですね。

このところ有楽町・銀座界隈ではデパートの大改装が続いてましたが、なるほどこれは他の店舗にしてみたら脅威ですよね。駅からのアクセスも良いですし。今度は上のマルイのほうにも行ってみようと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿